今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら、ディワリ

こんばんは。
えーと、いつの間にかディワリが終わりました。
お正月の三が日が明け、4日からの出勤で強引に日常が始まるようなあっけなさです。
爆竹(花火?)は、今日もたまーに、申し訳なさげにバンッ!と鳴ってますが。

ディワリ期間は、富と幸運の神様をお迎えするため、玄関の外にお花や灯りを飾るのですが、
一部片付けられ、一部はそのままです。
その家の主の性格によるものなのか、はたまた何か意味があるのか、不明です。

我が家の窓の照明はいつ外していいやら分かりません。
可愛いので今日も夕方から点灯してますが、滑稽に映っているようならちょっとショックです。

サボ太も昨日から会社が始まり、いつもの日常が始まっています。

あ、でも、昨日、ガードマンに『Happy Diwalli!』と声をかけられたそうです。
※解説 : この場合、『ハッピーディワリ』 = 『お年玉ちょうだい』 と同義です。
 時は既にハッピーハロウィンだった気がしますが…。 ま、いっか。


サボ家は、ドライバーくんにだけ、お年玉とナッツの詰め合わせを用意。
(事前調査無しだったため、お年玉の相場は全く不明。英世1枚ぐらい。超優秀なドライバーくんだけど、どうなんでしょ?)

サボ太は会社からディワリギフトをもらってきてました。
社員全員に配られたようです。中身は部署とか役職とかによってそれぞれ。
現物支給のボーナス(お年玉)、日本からするととてもおもしろい習慣です。
ま、多くの場合、現ナマの方が嬉しかったりしますが。(おっと失言…)

ちなみに、サボ子がディワリに手に入れたものは、右腕の筋肉痛と、腹の贅肉…
暇なので連日テニスをしてたんですが、数時間ごとにお腹が空いてしまうサボ太のペースに完全に巻き込まれ、せめてプラマイゼロとしたいところを、大きくプラスのまま終了しましたがっくり
サボ太の馬鹿!!

富と幸運の神様よ、何処へ?!
やはり来年は、乗り遅れずに、海外脱出計画を粛々と実行したいと思います。


この時期、一般インド人家庭では親戚同士の行き来が多くあるようで、
団地内でも、正装した(たぶん)インド人達が沢山出入りしてました。
空気全体が何となく浮かれた感じ。
サボ家は、棚ぼた的な三連休ぐらいにしか思ってないので、至極フツーの休日でしたけどね。



…夜以外は。



花火&爆竹、ウルセーーーー!

ディワリと無縁のフツーの夜を過ごそうにも、うるさくて不可能です。

花火は28日の夜(というより夜中)がピーク。
30メートル先ぐらいでバンバン上がるため、音と花火とのズレは全くなく、完全同時です。
すなわち、音も減衰なし、デカイ


音を伝えれないのが残念ですが、こーんな感じ↓
hanabi.jpg
これって、日本だと火薬取締法とか何とかで一般販売禁止レベルだよね…?

ねずみ花火、打ち上げ花火、吹き出し花火、爆竹、パラシュート、手持ち花火、何でもアリ。
明らかにどこかのベランダ目がけて弧を描くロケット花火もあったりします。
こわっ!

やはりインドというか、花火のせいなのかは不明ですが、失敗もあり。。。↓
hanabi1.jpg
いや、これ、完全アウトでしょうー 


何組ものグループがあちこちでやってくれるもんだから、屋内から観賞するには、連発で見れて嬉しい限り。
リビングのソファから見れるので騒音は我慢しなきゃかもですね。


情緒ってものは少しも感じられず、派手さメインでございました。
日本の線香花火なんて、きっと理解されないんだろうなー。
ま、それはお互い様。私も爆竹の意味が分かりません。


それでも、家族や親戚が年に一度(・・・であると期待したい)集まって花火をする機会というのもいいもんですね。

(…と、今日は美しく終わることにします。)

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日焼けは大丈夫?

インドから…コメです!この天気のなかテニス…ってことはかなり日焼けをされたと思いますが…私も顔だけしかしてないので日に日に焼けてる気がします…

momo | URL | 2008年11月02日(Sun)10:38 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年11月04日(Tue)16:13 [EDIT]


>momoさん

新婚さん、いらっしゃ~い!
いよいよですね♪
日焼け止めはもちろんばっちりしてますよー。
それでもしちゃってるけど…泣

サボ子 | URL | 2008年11月05日(Wed)12:17 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。