今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空アイロン屋?

ベランダ掃除終了して気分すっきり、サボ子です。
ハトちゃん、これからはちょっと手加減してね・・・

さて、サボ家、メイドちゃんは雇っていません。
引越直後は猫の手も借りたい程の惨状でしたが、隙間防止テープでありとあらゆる隙間を塞ぎ、砂埃を完全防御してからは、毎日拭き掃除をする必要もなくなり、比較的平穏な毎日を過ごせております。
(メイドちゃんが居れば、もっとピッカピカかもしれませんが、、、。)

家事全般苦手な私ですが、別に嫌いではないので、気の向くままテキトーにしております。
ただ、ひとつだけ嫌いなコトが。

アイロンがけ。

シワを取るはずなのに、なんで、シワが出来るのでしょう

ま、苦手なんです。
かつ、嫌いなんです。


そんな私に、インドには素晴らしいシステムがございました。  

ザ・アイロン屋


各戸のチャイムを鳴らし、アイロンする物ある?と聞いてくれます。

ある、ある、ある~♪

出すのはワイシャツだけなんですが、1枚3ルピー(≒7.5円)。 素敵♪
午前中~お昼に来て、その日の夕方~夜に配達してくれる、インドでは驚異のスピード感覚。
シャツを何枚預かりました、なんて書類はなく、部屋番号さえメモらないところにちょっと不安を覚えますが、今まで数が足りなかったことはありません。

大変重宝しております。これさえあれば、メイドちゃんも必要なし。


でもそこはインドのこと。難点はありまして。

難点① かなり不定期
いつ来るのか、サッパリ分かりません。
2日連続で来るときもあるし、1週間以上来ないときもある。
平均して来てくれればいいものを・・・インドならではのテキトーさでしょうか。

何日も来ないときは、仕方なく自分でアイロンを
いえいえ、アイロン屋を呼ぶ為に、全力を注ぎます。

アイロン屋の携帯は、門番のおじさんからGET。
アイロン屋はヒンディー語オンリーなので何言ってるかさっぱり分かりません。

でも、ここで負けるな、日本人。

相手が何を言っていようとも、同じ言葉を繰り返す。

『○棟、○号室、プレス、OK?』  ※数字はようやく覚えたヒンディー語です。

相手がしゃべってる途中でも、何言ってるか分からないので、聞いてたって意味なし。
話してる途中にかぶせて繰り返します。 かなり強引サボ子。(注:インド用のキャラです)

そうこうしてるうちに、『オッケ、オッケ』 なんて返事を拝聴できます。 むふ。

どうしてもだめなときは、門番のおじさんのところに行って携帯を渡し、
『フォーン、プリーズ』 なんて言うと、よっしゃ、と張り切ってヒンディー語で通訳してくれます。
ありがとう!

呼んだ場合は、その当日に来てくれる確率50%ですが、
こちらもそれを見越して余裕を持って呼ぶので、問題無しです。 (注:インドで体得した知恵)


で、難点②。 これはホントに難点。

たまーに、シャツが汚れて戻ってくるんですね~
襟元だったり、袖口だったり、背中だったり。。
どれも明らかに、泥っぽい汚れです。泥水が飛び散ったような・・・

受け取ったその場でチェックすればいいんですが、気付くのはいつもあと。
その場合は、諦めてもう一度洗濯機に放り込みます。

どんな所でアイロンかけてるんだろう・・・?

自分の想像力が怖すぎるので、そんな野暮な疑問は永遠に封印中です。



ま、あれやこれやの難点があると言えども、便利さに目が眩み、
今日もアイロン屋を呼んでしまったサボ子でした。 (今日は来てくれるかしらん?)

アイロン屋さん、これからもお世話になります m(_)m 


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ  ←応援お願いしますっ→   


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年07月19日(Sat)22:09 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。