今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食料調達

サボ家、米は日本から持ち込み派。
重たいけど、せっせと日本から運んでます。(サボ太が。)
もちろんチャーハンやタイカレー(インドカレーはサボ太が拒絶中)はインド米だし、
常日頃から節米してきたつもりなのですが。
とうとう日本米が切れました。

やばい!と思ってから、チャーハン、パスタ、パスタ、ピラフ、チャーハン、カレー(この際、日本のカレーもインド米で食べたわよ。)・・・とインド米で悪あがきしてみたけど、ついにスッカラカン。
残り2合になったところからの粘りはすごかったんだけどな~。(←自画自賛)

しかし、米無し生活も1週間を超えると、茶碗山盛りの白飯が無性に食べたくなり。
んなわけで、1年ぶり&3度目の日本食スーパーへ行ってきた。
高いのよね~全て。

たとえば。

トイレットペーパー 12ロールで753ルピー。(≒1,355円)
高っ!セレブなダブルとは言え、たかがトイペで1300円超え。
インドのガサガサロールで我慢するわ。

アリの巣コロリ 2個入り 742ルピー。(≒1,336円)
高っ!メーカー小売希望は577円だけど、日本での実勢価格400円ちょいじゃないかと。
欲しいけど買えませんて。
次回の帰国まで我慢だな。


でも久々の日本スーパー、お初のものにも巡り合えました。

kamabok.jpg

<左>:ロブスター姿(かまぼこ)3個入り120ルピー。(写真は1個消費済み)
炒め物にちょっと入れるには十分に事足りる♪
<右>:乾麺。これ、多分前からあったのに気づかなかったんだろうな~、残念。
今までスーパーで生麺を買ってたけど、これからはこっちに切り替え。
生麺、たまに青や緑の色(多分着色料)がついてたりしてる上に、原材料の表示も全くなしで恐かったので。
日本の棒ラーメンと同じように使える♪焼きそばもOK。
しかも34ルピー(上)&48ルピー(下)、安い。

今後、サボ家の定番入りしそうです。
やっぱりたまに来なきゃね。


肝心の日本米はインド産コシヒカリを購入。(日本産は売ってない
定番入り? 
んー、しないな~
サボ子、おかずで頑張れないので、お米で頑張るのです
やはり日本から運ぶことにします。(サボ太が。)


最後に冷凍魚のコーナーを物色。
マグロとか、サーモンとか、あるんだけどね。
サボ子、食べたこともないのに、安くて大きい(笑)トビウオをお買い上げ。
(1尾80ルピー≒144円)

しかし、家に帰ってクックパッドで「トビウオ」を調べたら。

まさかの25レシピ

99万品もレシピ登録のあるおばけレシピサイトで、たったの25品・・・。

わおっ。

定番入りかどうかの前に・・・
まずどうやって食べればいいんだーー!

スポンサーサイト

予防接種

日本生まれの証とも言えるBCG接種の跡、ほぼ100%の確率で 『これ何?』 って聞かれます。
どうせならハート型とかニコちゃんマークとかにしてくれると可愛いのにね。
いや、せめて真っ直ぐに並べて押して欲しかったです、先生

というわけで、赤ちゃんの予防接種について。
病院によってスケジュールが若干違うようですが、どなたかの参考になれば。

チイサボの通う病院のもの↓ (クリックで拡大)
immunization1.jpg

Oral Polio : ポリオ経口生ワクチン
Hepatitis B : B型肝炎
DPT : 三種混合(D=ジフテリア、P=百日せき、T=破傷風)
DTaP :三種混合 (上記のP=Acellular Pertussis無細胞性百日ぜき)
IPV(inactivated poliovirus vaccine) :ポリオ不活化ワクチン
HIB :ヒブワクチン
Measles :麻疹(はしか)
MMR(Measles,Mumps,Rubella):MMR(Measles=麻疹、Mumps=おたふく風邪、Rubella=風疹)
booster dose :追加接種
Typhoid :腸チフス
dPT/dTaP :三種混合

“IPV/Oral Polio” と並列で記載がありますが、実際は、誕生時以外は不活化ワクチンです。
 6-8週、10-16週、14-24週について。三種混合、ポリオ、ヒブの3つが一緒に配合された注射薬(Pentaxim)を1本打ちます。
 Pentaxim接種後は熱が出る可能性があるため、予防的に解熱鎮痛剤シロップを処方されました。
 Pentaximは1回約1,800ルピー。
 同時接種は2本までという方針でした。(この病院の場合)
 チイサボは、BCG、経口ポリオ、三種混合1回目、ヒブ1回目を日本で済ませ、残りはインドです。ヒブについてはたまたま同じ製薬会社のもの、三種混合は違う製薬会社のものでしたが、効果、その他問題ないとのことでした。


任意接種↓
immunization2.jpg

Hepatitis A :A型肝炎 
Varicella :水痘(水ぼうそう)
Pneumococcal Conjugate Vaccine :肺炎球菌ワクチン
Pneumococcal Polysaccharide Vaccine :肺炎球菌多糖類ワクチン
Meningococcal Vaccine :髄膜炎菌ワクチン
Human Influenzae Virus Vaccine :インフルエンザワクチン
Rotavirus Vaccine :ロタウイルスワクチン

 A型肝炎、水疱瘡とも、1歳以上からの接種です。
 肺炎球菌は初回接種が6ヵ月未満の場合は合計4回接種、1ヶ月未満の場合は3回接種、1歳以上の場合は2回接種。
 肺炎球菌は1回約3,800ルピー。(これだけ高額)
 日本で肺炎球菌+ヒブの同時接種による死亡例の発生がニュースになっていますが、たまたまなのか、チイサボの場合は、肺炎球菌ワクチンは単独接種でした。


インドの方が予防接種のスケジュールが早いですが、すぐに追いつきます。
渡印前に色々と調べましたが、そんなに心配しなくてよかったかも?というのが今の感想。
ドクターも外国人に慣れてますので、上手にスケジュールを組んでくれます。
自分でスケジュールを立てないといけない日本よりも、むしろ好きかも。

それと、こちらの注射は太ももにブスリ!です。
初めはサボ子の方がビビリました~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。