今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO GAS, NO LIFE

一昨日、インドではクリケットのワールドカップ(4年に1度)が開幕しました。
開幕戦はインド対バングラディッシュの人気カード。
その日、馴染みのクリーニング店に行ったところ、電気は付いてるのに、鍵がかかって留守。
あれ?と思っていたら、試合放送中のテレビ(@エアテルの店内)に群がる人だかりの中に店員発見。
ありえねーー!!

こんにちは。いきなり愚痴から入ってしまいました。サボ子です。
引越しは無事に完了しました。
引越し自体はストレスフリー。引越し後はストレスフルでした。
んまー、何事も時間のかかること。
インドリハビリ中のサボ子には良い荒療治になったけど。

色々あった中からガスの話を。
引越し翌日、ガスが出ないので開栓が必要だと思い、
管理人室の電話番号もなかったので、とりあえずチョキダール(警備員)に訴えてみた。
このチョキ、英語が今までになく、全く通じないツワモノ。

サボ子 『ナヒン ガス!』 (ガスが無いの!)
チョキ 『・・・・?』

むう。通じねえ。

サボ子 『ナヒン ガス! ナヒン カーナー!』 (NO GAS、NO FOOD)
(言いたかったこと:ガスが出ないの、料理ができなくて食べるものがないの!なんとかして!)

火をつけるジェスチャー、料理するジェスチャー、必死でがんばったわよ、サボ子。
食べるジェスチャーは、交差点で恵みを求めて車にやってくる人たちのそれみたい。

チョキ 『OK,OK』

つ、通じたか?

サボ子 『キトネー バジェー?』 (何時?)
チョキ 『チャール バジェー』 (4時)

お、通じたんじゃないの?


で、待ちに待った4時。
・・・に来るわけもなく、数度の催促をして5時にノックの音がした。

ん?チョキひとりで何しに来たの?
何言ってるか全く不明だけど、カル(明日)って単語だけ聞き取って会話を進めてみる。

サボ子 『ナヒン カル!アッビー!』(明日は駄目!今!)
そして再び、『ナヒン ガス!ナヒン カーナー!』と知ってる単語だけで乗り切るサボ子。
するとチョキ、『OK,OK』って言いながら、戻っていった。

よかった!サボ子の粘り勝ちね♪


そして6時過ぎ、再びノックの音。
ちょっと遅いけど、まー許そう、とドアを開けると、チョキと女の子二人。

サボ子 『???』
チョキ 『マダム、クック』

状況を理解したサボ子、崩れそうになりまひた。
『マダム、クック』=(マダム、料理人連れてきましたよ♪)って、
ノォーーーーーー!!
コックは要らないの!ガスーーー!!ジーエーエス、ガス!
(※ヒンディではGAS=“ガェス”と発音するそうで。後から知りました。)
今日一日、コックを待ってたなんて。わざわざ催促もしてたなんて。
得意気なチョキの笑顔が恨めしい

言葉で伝えるのは無理だと判断し、仕方なくチョキを家の中に上げ、
キッチンのガステーブルを見せ、ほら、火がつかないでしょ!ってつまみを回して見せる。
・・・と、おもむろにマッチを取り出し、火を付けるチョキ。

んーー、着火はオートなんだけどな~。どこまでも噛み合わない二人。
説明するのも面倒くさ。
もーえーわ、勝手にやってくり。


どっと疲れを感じてチョキを帰し、もちろんコック候補も帰し、
キッチンに戻ってサボ子が見たものは・・・

床に捨てられたマッチの燃えカス でした。


ありえねーー!!


後日談。
それから数日間、サボ家には『マダム、私をコックに雇って』という訪問者が続くのでした。
どうやら○○号室はコックが必要らしいという情報が流れた模様。
それ、間違った情報だから~!!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。