今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新鮮野菜

こんにちは。
春の訪れを祝うホーリーのお祭りも終わり、インドは春を通り越して初夏です。
本格的な夏もすぐそこ。
短い冬の間に体は夏の暑さを忘れてて、まだまだ余裕な感じでいるけど、
きっとすぐに悲鳴をあげることでしょう・・・。


さて、新鮮なお野菜求めて車で30-40分ほどのファームに行ってきました。

yasai.jpg

写真には写りきらないけど、ダンボールいっぱい買いだめ。
 イチゴ2パック、大根2本、トマト2キロ、ブロッコリー3株、青ねぎ、ほうれん草、
 レタス、ロメインレタス、白菜、ニラ、セロリ で1000ルピー(≠2000円)。
 (イチゴが1パック200ルピーと高め)


スーパーよりかなり高いけど、注文するとその場で摘み取ってくれるので新鮮さは満点。
農薬が気になって必ず湯むきしてたトマトも、ここのはそのまま食べてます。
ちゃんと熟してるので甘くて美味しい♪
トマトのためだけでも行く価値あり。

遠いから頻繁に通うわけには行かず、結局一部は冷凍保存しちゃうけど、
それでもやっぱり安心&美味しいのがいい。
レタスなんてスーパーで手が伸びなかったけど、生野菜、やっぱり美味しいね。

ただし。

虫付きです。
時にはテントウ虫もついてきます。


そして、葉物はめっちゃくちゃ面倒です。(これはスーパーで買っても同じ)
特にニラ&ほうれん草。

水道水をためてバシャバシャとふるい洗う
→流水で1枚1枚の葉を裏表しっかり洗う
→浄水器の水で再び洗い流す
→ふきんの上に広げて水気を切る。

これでやっと冷蔵庫行き。
ファームに行った翌日はキッチンに立ちっぱなし・・・。
ニラを1枚1枚洗うって。。。超絶面倒。
ほうれん草も葉っぱが日本のより小さい(レモン程の大きさ)から、そりゃまーーーー面倒!!
それなのに、おひたしにしたらほんの少しになるので泣きそうです。

でも、それしかないから仕方がない。

これから野菜不足の季節になるインド。
暑すぎて葉物がパタリとなくなります。
ファームからも足が遠のきそうだけど、それまでにあと1,2回行けるかな?
夏バテに向けて今のうちから栄養補給せねば。

スポンサーサイト

弾丸バーレーン (その1)

週末にバーレーンに行ってきました♪
土曜の朝6時発、月曜の朝5時着のフライト。
週末フル活用の弾丸ツアー。

中東は出張で何度も経験したサボ太がバーレーンの見所は無いと断言するので、
目的は、F1開幕戦観戦、のみ。
観光は一切なし。

日曜朝発の日帰りでもよかったんだけど、さすがに2日前だったのでエコノミーは満席。
(いっつも手配がギリギリです、ハイ。)
ビジネスにするなら1泊しようってことで1泊旅行に決定。
たった1泊の海外(一応)旅行だけど、観光する気がないのでかなり余裕の旅になりました。
デリーからだと3時間半のフライト。時差も2時間半。
こういうときはインド駐在も悪くないって思っちゃうサボ子。
(でもそれはきっと勘違い~。たらら~ん♪)

****

(今回、事前に色々調べても情報がゼンゼン無くて困りました。
・・・ので、サーキットへの行き方等々、記録に残しておきたいと思います。)


AM8:20 ガルフ航空にてバーレーン空港着。

入国審査の窓口に、自国民用、外国人用と並んでF1観戦者用の窓口が特設されてました!
いきなり感激♪
f1 arrivals

通常はバーレーン入国の際はビザが必要。(空港で即時発行可能、15USD)

だけど。

なんとF1観戦者はビザ免除♪
すげーな、バーレーン。すげーな、F1。
国を挙げての一大イベントです。

特にF1観戦の証明とかは必要ありませんでした。
それでいいのか?と思いつつ、『 F1観に来たのよ♪』って言えばOK。
超スムーズだし、ビザ代もかからなかったしラッキー♪


空港を出ると、シャトルバスがずらり。
なんて便利。なんて分かりやすい。もちろん無料。

f1-bus01.jpg
↑空港→各ホテル行きのシャトルバス

f1-bus02.jpg
↑空港→サーキット行きのシャトルバス

シャトルバス (2010年の場合)
空港→ホテル 05:00~12:00 と 18:00~01:00 の 30分間隔 (3/8月曜~3/14日曜)
ホテル→空港 18:00~23:00 の 30分間隔 (決勝当日と翌日)
空港またはホテル→サーキット 06:00~12:00 の 30分間隔(木曜~決勝当日まで)
サーキット→空港またはホテル 15:00~23:00 の 30分間隔(木曜~決勝当日まで)

※ホテル:Gulf Hotel, Diplomat Radisson, Sheraton Hotel, Ritz Carlton,
  Crowne Plaza Hotel, Ramada Hotel, Best Western Juffair,
  Al Manzil Suites Jaffair, Al Manzil Suites 2 Adliya


とりあえず、ネット購入したチケットをピックアップしにサーキットに向かいます。
所要時間約30分。ちっかーい!

運営のあまりの酷さにニュースにも訴訟にもなった2007富士GPの経験者であるサボ子達。
(唯一の交通手段のシャトルバスは大渋滞、スタートに間に合わない人続出、
帰りは雨の中、バス待ち4時間。しかもサボ子たち、代金払い戻しになったC席。。)

バーレーンでは全てがスムーズすぎていちいち感動してしまいます。

f1-bldg.jpg
↑街中にはF1の看板がたくさん。気分も盛り上がってきたよ♪


渋滞もなく30分弱でサキールサーキットに到着。
チケットをピックアップするところはサーキットの手前、車で2-3分のところ。
さてはて、どうしよう?
シャトルバスにチケットセンターまで乗せて欲しいって頼んだら乗せてくれました。
他にも何人か同様の人がいたので、かなり融通が利くみたい。
予選の日のまだ朝10時ぐらいだからなのか、のんびりした雰囲気です。

f1-ticket.jpg
↑チケットセンター。当日券売場もここ。

f1-counter.jpg
↑受取カウンター。確認に時間がかかるので、当日ピックアップは多少並ぶかも?


再びシャトルバスを捕まえてサーキットまで戻り、
とりあえずマナーマ市内に戻ってホテルにチェックインすることに。
サーキット→ホテルのシャトルバスは、スケジュールでは15:00以降となってますが、
ドライバーさんに直接お願いしたら、快く乗せてくれました。
どうせマナーマ市内に帰る必要があるんだろうけど、感激♪


さて、今回の宿泊ホテル、シャトルバスが出てるホテルの近くで探して予約したのですが。
(シャトルバスが出るホテルは軒並み満室か、超高級なため。。)

シャトルバスを降りて、予約したホテルを探していると、全然近くじゃないことが判明。
某ホテル予約サイトで探したんだけど、そのサイトの地図が全くのデタラメ!
地図上ではシャトルバスのホテルから徒歩2-3分のところにプロットされてるのに、
道を尋ねたおじさんによると、車で20分程かかる地域。
しかもその辺りにはシャトルバスの出るホテルは1つもない。
まじですかーーーー??
Bookin○.comさん、勘弁してくださいよ~

今さらキャンセルもできないので、ショックを受けていたら、
道を教えてくれたおじさんが、ホテルまで送ってくれると言う。
タクシーだと12~13BD(バーレーンディナール)かかるけど、10BD(≒2500円)でいいよとのこと。
流しのタクシーもいなかったし、お願いすることに。
空港で全く両替してなかったので、先に銀行に寄ってもらうことで交渉成立。

早速銀行ATMでお金を下ろし(時間にして5分程)、外に出ると、あれ?おじさんがいない。
目の前の道路を何か言いながら走っていってしまったよ。
訳が分からん。。
すぐにまた戻ってきたんだけど、また何か言いながら素通りして行っちゃった・・・
ホント謎。

ま、タダで銀行まで送ってくれてサンキュウ&ラッキーってことで、
妙なおじさんのことはあきらめることに。


ということで銀行の隣のレストランで腹ごしらえ。

f1-cafe01.jpg
↑日頃、肉に飢えてるサボ子達、まずは肉でしょー。

f1-cafe02.jpg
↑サボ太の好物、タブラ(左)とサボ子の好物、ハモス(ひよこ豆のペースト:右奥)
 各1BD(≒250円)、パン付き

f1-cafe0.jpg
↑テラス席でF1の予選を観戦しながら、結局4時間もここに滞在。
 思ったほど暑くなくて、日陰にいれば快適な温度&湿度。

肉もパンもおかわり、パフェも注文してお腹いっぱい。
予選も終わったので、今度こそホテルに向かいます。
妙なおじさんの言った通り、所要時間は20分位。
でもタクシー代は6.25BDだったよ。
おじさ~ん。銀行で待ってれば儲かったのにね。

へんぴな所にある微妙なホテルだったので、夕食もとらずにこの日は早々に就寝して終了。
(3時起きだったしね)

決勝のことはまた次回に~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。