今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お友達訪印&アライバルビザ

こんにちは。
寒さも随分と和らぎました。
徐々に、ではなく、ある日を境に突然に。
家の中はまだ寒いけど、昼間は完全に春です。

さて、まだ真冬だった頃(と言っても、先週の事)、サボ家に久々のお客様が♪
サボ子の後輩ちゃん。
某国出張のあとにインドに立ち寄ってくれました♪
彼女にとって初インド。
初インドの印象ってその後のインド好き・インド嫌いを左右するけど、彼女の場合はいかに?

まずは入国前にビザのことで色々あり、(これは後ほど)
空港で3時間以上足止めを食らい、
その夜は視界5メートルの濃霧。
家の中は相変わらず寒いし、シャワーの湯量は足りず。
リパブリックデー前の警備で観光地も限定され、
初っ端の観光はごちゃごちゃのオールドデリースタートとなり。
アグラへの鉄道(一人旅)は、行きが5時間遅れ、
予約した帰りの電車はキャンセルとなり、結局乗った電車は片道62ルピーの激安三等車、
そして帰りもやはり2時間遅れ。

なんだかんだとトラブル続きでしたが・・・

そこはもともとタフな彼女、なぜかインドを大好きになり、
そしてお腹も壊さずに帰って行きました。

何かの縁があって訪れるインド。
ずっとインド嫌いのままこっちに住んでる気の毒な人も中にはいますが、
できれば訪れる人みんなに好きになって欲しいです。
今回はめでたくハッピーエンド♪
サボ子も普段しない観光ができて楽しかったです。

chai.jpg
↑ 道端のチャイ屋さん。
  サボ子は遠慮したけど、彼女は躊躇なく飲んでました。さすが。

====

話は戻って入国前の話。

インド入国の際には必ずビザが必要です。
インドに住んでると、当たり前すぎて忘れがちです。

はい、私、忘れてました。

彼女が『今度遊びに行きま~す』と言ったとき、
喜んで返事をしておきながら、ビザのことを言い忘れておりました。

彼女も旅行計画を綿密に立てるタイプではないので(Sorry)、ビザのことに気づいたときは
すでに日本出国直前、ビザ取得が不可能となってました。

が、2010年の1月1日から、つまり、つい最近新しい制度が始まったそうで♪

アライバルビザ。(Visa on Arrival)
なんと、インドの空港に到着してからビザが取れる制度。

 アライバルビザ
 フィンランド、ルクセンブルグ、ニュージーランド、シンガポール、日本の5カ国限定。
 ムンバイ、デリー、チェンナイ、コルカタの4空港で申請可能。
 1年間に最大2回、申請時2ヶ月間の間隔が必要。30日シングルのみ。申請費60ドル。
 (事前ホテル予約が必要とのことで、念のため私たちの住所等を書いたレターを用意しました)

長期で旅行してる人にとってはとっても便利!
ビザ申請まで時間が無い人にも。

でも・・・
できるなら日本で申請した方が確実で安心です。 安いし。

やはり入国できるまで不安でいっぱいでしたから。
空港の職員もあからさまに面倒そうな態度だったとか。
効率の悪さと超アナログ対応は衝撃だったそうです。
見せてもらったビザは、薄い紙切れ1枚・・・ もちろん、手書き
インドらしいですね。

この制度がなかったら今回の訪印はキャンセルだったので、文句は言えませんが

スポンサーサイト

インディア・スタンダード

先日、お友達とレストランにて。


店員に 『どこの国から来ましたか?英語の発音がきれいですね。』って言われた。

サボ子たち、調子に乗って、『 オ~ゥ、セ~ンキュウ♪ 』 なーんて答えたんだけど・・・


続けざまに 『 まるでインド人みたいです 』 って言われた。


えっ??

イヤイヤイヤイヤ…

それ、褒め言葉じゃないから!
一瞬でも喜んだ私がバカでした。



インド人の発音に似てますか・・・
そうですか・・・

とてもショックです、サボ子


それにしても、 “インド人みたいに発音がきれい” て。
どうやったらそういう発想になるワケ?!

ダブルショック。

再びお友達♪

こんにちは。
サボ太が日本出張から帰ってきました。
豆板醤が切れそうだったので頼んでたんだけど、買ってきたのは豆豉醤(トウチジャン)。
あちゃー・・・
(豆板醤ってどっかで手に入るのかしら?)

====

さてサボ太の出張中、またまた日本からお客様が♪
悲しいかな、インドって旅行先としては中々選んでもらえないのが現実・・・
それでも来てもらえるなんて~♪
サボ子にとっては、あと何日って数えちゃうぐらい一大イベントです
今回はパックツアーのため、お泊り無し、デリーにいる少しの間しか会えなかったんだけど。
それでも久々にお友達に会えるのはとっても嬉しい~♪

会える時間は少なくなっちゃったけど、ツアーって便利ですね。
今回ちょっと感動。
元々かなり効率よく周れるように設計されてるし、
これを個人手配しようと思ったら、かなりの手間&絶対ツアー料金以内では納まらない。
しかも、他都市への移動も含めて、1人のガイドさんが全日程ずっと付いてくれるんだけど、
今回の参加者はお友達の2人だけだったから、完全にプライベート旅行。
プライベートだから多少のわがままもOK♪
今回もコース変更してサボ家でツアー終了にしてもらったり。

トラブルなく旅行できる先進国なら別だけど、
少々のチップ(賄賂)を払うことで効率よく観光できたりとか、そんな裏技もお手の物だし、
騙されたりボラれたりしないし、
もちろん日本語OKだし、観光地のウンチクは豊富だし。
かなりストレスフリーで旅行できると思います。
お友達も楽しめたみたいよかった~

実はサボ子、インド旅行はアグラとジャイプールしか行ったことがありません。
理由はサボ太が行きたがらないため。
日本からわざわざ旅行に来てくれる人もいるのにね。
旅行=楽しむこと。楽しむ≠インド国内。よって、旅行≠インド国内。という方程式らしい。
半分ナルヘソ。

でもお友達の話を聞いてて、いつかベナラシには行かねば!と思いました。
まぁ、サボ太が一番嫌がりそうな場所ですが
あと、シムラー・レイ・ラダックあたり。
このへんはサボ太も好きそうかな。
映画『 3 idiots 』の映像がとてつもなくきれいでした。

インドにいるうちに・・・いずれ。
(っていつまでだろう~?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。