今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅人な夫婦

我が家に友人が遊びに来てくれてました。
前職の後輩とその奥さん。
なんと彼ら、世界一周旅行の真っ最中。旅を始めて4ヶ月目余り。

今年1月に日本を発ち、東南アジア、東インドを回って、4月初めに我が家で数日間の休息。
その後、ネパールへ旅立ち、チベット、南インド、中央インドを経て再び我が家へ。
昨日、ウズベキスタンへと旅立ってゆきました。
インドは “もう十分” 楽しんだそうです。 


『会社やめて世界一周しようと思ってるんです』 

初めに聞いたときはその唐突さにびっくり。
でも、ほんとに辞めちゃった 笑

夫婦とも会社を辞めて世界一周の旅に出る。

その決断をしたことに拍手
案外、彼らにとっては、(周りが思うほど)たいしたことのない決断だったのかもしれないけど。
彼ら、28歳。若いしね。
何かをする(しない)決断をするときに、失うものと得るものを天秤にかける場合があるけど、
失うものの方が現実的な分、大きく見えがち。
得るものってこれからだから未知数だし。
私は決断が苦手な方なので(優柔不断ってやつ)、彼らの決断がまぶしく見えます。
世界一周する気があるか?って言われると、多分ないけど。 
決断には、相応のパッションも必要。 (ってかそれが全て?)
私も旅好きの部類ですが、今はとてもそんなパッションないっス。
旅には旅のスタイルによって旬の年齢ってのもありますし。
世界一周するにはもう旬を過ぎたかな~ (悲)

彼らの旅の期間は、1年ぐらい。ただし、それは予定であって、すでに大幅オーバー中。
実質、期限がないという旅の感覚。
本来、非日常である旅が、日常になるってどんな感じでしょ??
サボ子、バックパック背負った一人旅は何度か経験あるけど、最大で1ヶ月。
帰りのフライトさえ決まってない世界一周という旅スタイルの感覚がつかめなかったりします。

旅をしてると、初めは敏感だった感覚が麻痺してきて、新鮮さが無くなることがあって。
なんか感動が薄れたなーって思ったり。全てが惰性になってくるというか。
食べ物に飽きたり、風景に飽きたり。
1年も旅してると、そんなときどう折り合いをつけていくんだろうとか考えたりしてたんだけど。
で、ふと、あれ?インド生活も同じかもーって気付いてしまった

そういや、月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり ってありましたね。
(強制的に覚えさせられたけど、ふと出てくるなんて、古典の授業も侮れない・・・)

社会人を経験してからの旅。
一人旅とは随分違うだろう、夫婦二人旅。
出会う人も変わるだろうし、食事も宿も違うもんね。数年違えば、政治も経済も変わるし。
たとえ同じものを見ても、その時の自分の状況・状態が違えば感じ方は違う。
今の二人が、今の二人にしかできない旅、存分に楽しんで欲しいです。

===

ネットを駆使しつつ、あーでもない、こーでもないと旅ルートを練る彼らを見てるうちに、
サボ子の旅に行きたいぜな気持ちもムクムク。
今行きたいところは、ハワイ、カナダ、沖縄。(インドから遠いところばっか。しかも旅というより休息?)

条件は、先進国で、空気がきれい(そう)なところ。
魚介類が美味しい(そうな)街もいいね!
新鮮な魚介にワイン。想像するだけでよだれもん♪

ま、贅沢言わないから、とりあえずインドから脱出 したいね・・・ 


さぁ、サボ子の1年も彼らに負けないぐらい濃い“旅”にしたいな~

スポンサーサイト

家族ビザ延長

再び、手続き関連の覚書を。

今までのビザ関連の話はこちら↓

その1 就労ビザの取り方編 (in 日本)
その2 就労ビザ保持者の外国人登録編 (in グルガオン) &グルガオンFRO情報
その3 就労→家族ビザへの変更と、それに伴う外国人登録編 (in インド) &MHA情報
その4 番外編 ポリスマンが所在確認にやって来る
その5 ビザの変更完結編


今回は、家族ビザの延長編 (in インド) です。
相変わらずインドの事務手続きは疲れますが、大分慣れてきました♪ (別に嬉しくないけど…)

===

サボ子の家族ビザの有効期限=サボ太の就労ビザの有効期限です。
旦那さまが働いているから嫁がインドに滞在できるって訳です。
サボ太のビザの期限が迫ってる~ってことで、延長(更新)手続きしました。

ちなみに、サボ太のビザは日本で更新。
理由は、日本だと何の問題なく1日で更新できるから。
一時帰国予定があって、東京にアクセスが良い方は断然日本での更新がお勧めです。。
サボ子は出張予定なんてないので、インドでビザの更新

さて、サボ太がNewビザを手に入れるのは、ビザが切れる10日前。
ギリギリ10日前に延長してくれ~って申請するのは(インドでは)危険すぎる気がしたので、
1ヶ月前ぐらいにFRO(外国人登録所)に行ってみた。

事情を説明し、10日前じゃないと手続きできないって伝えたら、
なんのことはない、旦那さまのビザは必要ないってさ。
ん?そうなの?

ま、いっか。
手続きできるなら、サッサとしちゃいましょ。


取得の流れはこれまでと同じです。

①FROに申請用紙をもらいに行く&そのときに必要書類を聞く
②書類をそろえてFROに提出
③ポリスマンが抜き打ちで所在確認に来る
④ポリスマン訪問後、FROに出頭し、手続完了

必要書類  (2009年5月時点)
1.申請書  4枚
2.パスポートサイズの写真  4枚
3.パスポートのコピー  4枚
4.ビザのコピー  4枚
5.本人の外国人登録証のコピー  4枚
6.配偶者(就労ビザ保持者)の外国人登録証のコピー  4枚
7.居住を証明するもののコピー  1枚
8.手数料 390ルピー

1、FROで入手。(所持ビザによって何種類かある)
 サインさえ自筆であれば、記入後にコピーでもOK。
7、賃貸契約書のコピー(私の名前記載なし)+携帯の請求書(名前&住所記載)で対応
FROの受付は10:00~17:00


書類を提出後、今回もポリスマンがいつものように家にやって来た。
突然の訪問は、朝8時前。 早っ!! (サボ家就寝中)
そして、英語が全く通じず。
持ってきた書類も全てヒンディ語。
サインしろって言ってるみたいだけど、そんなもん、サイン出来るわけないっつーの。
サボ太の会社に電話したいらしいけど、朝8時に出社してる人なんていないし。
『それはサボ太の携帯番号だ』って手振り身振りで伝えてるのに、
目の前にいるサボ太に電話かけるし。。 (コント?)
朝っぱらから近所の人に素行確認に協力してもらうのとか迷惑だし。
結局、丁重にお引き取りいただいた。

以前来たポリスマンは、多少強引ではあったけど、英語通じるし、
しゃべりで、お調子者で、今考えると愛すべきポリスマンだったなー。
それに比べ、今回のポリスマンは・・・ったく。

その日、ヤツ(ポリ公)がサボ太の会社に突然やって来たらしい。
インド人の同僚に対応をお願いしてたんだけど、このポリ、なんと賄賂を要求。
サボ子、なーんも悪いことしてませんけど?善良なる市民ですけど?
がしかし、信頼おける同僚が払った方が良いと言うので払いましたとさ、1000ルピー

ちっくしょーー。

1000ルピー(≒2000円)って、物価で説明するのは難しいけど、賄賂にしてはめっちゃ高額。
ポリスマンの給与がいくらか知らんが、日本円的に1万円の価値はあると思うけど。
この腐った役人社会、なんとかしろーー

その後、ヤツはサボ太の同僚を連れて再び我が家に登場。
(同僚くんがいると、話が早いわ~)
サボ子、この時は賄賂が渡ってるなんて知らないもんだから、愛想振りまいちゃったわよ

サボ子の愛想のおかげで 同僚くんのサポートおかげでポリによる所在確認、平穏に終了。
ポリの訪問から1週間ぐらいして(ポリ→FROの手続きを待つ)再びFROに行き、
ビザの更新&外国人登録の更新が無事終了しました。
(と言っても、手書きで追記されるだけ・・・)
ふぅ~

※さっき外国人登録証を見たら、「延長手続きは60日前まで」って記載がありました。
 余裕で過ぎてました・・・が、問題なしでした。

※この方法で延長できるのは、1年ではなく3ヶ月です。
 3ヶ月が過ぎる1日前には再びFROに出頭が必要です。
 その際に、残りの9ヶ月が更新され、晴れて1年分の更新となります。 (面倒~!!)

===

サボ太は日本でビザを更新しましたが、インドにて外国人登録の更新も必要です。

≪メモ≫ 就労ビザ更新後の外国人登録

必要書類
1.申請書  4枚
2.パスポートサイズの写真  4枚
3.パスポートのコピー  1枚
4.ビザのコピー  1枚
5.雇用契約書のコピー 1枚
6.Income Tax Letter 1枚
7.Form 16  1枚  (インドに納税したという証明書)
8.雇用先発行のUndertaking  1枚 
9.雇用先からのRequest Letter 1枚 
10.居住を証明するもののコピー  1枚

1、FROで入手。(所持ビザによって何種類かある)
10、アパートの賃貸契約書で対応
入国から14日以内に申請しないと、罰金1400Rsがかかります。
ビザの更新ではないので、所在確認のためのポリスマン訪問はありません。

冷蔵庫よもやま話

こんばんみ~ 
冷蔵庫にビールが山盛りあると幸せです。サボ子です。

本日、我が家の冷蔵庫は大忙し。

なぜかというと、ご近所さんのものが出入りしてるから。
今日はそのおうちの女の子のお誕生会。
キッズたちがたくさん来るので、お食事やらケーキやら飲み物やら準備が大変。
自分んちの冷蔵庫じゃ入りきらないから、ちょっと入れさせてーとのこと。 
冷凍ポテトや氷もお預かり。

お醤油貸して、ならぬ 冷蔵庫貸してって訳です。
そういえば先日もパーティ中の別のご近所さんから氷が無くなったから頂戴って依頼が。
日本じゃないシチュエーションだわ


以前の冷蔵庫ではとても人様のものを預かるスペースは無かったんだけど、実は最近新調♪
大幅容量UPしたので、そんな可笑しい依頼も今はノープロブレム。

冷蔵庫を選んだ当時インド超初心者&日本ではスーパー至近に住んでたサボ家は、
インドでも同じ感覚で一人暮らし用に毛の生えた冷蔵庫を選択。
しかーし、気温が気温だけに、サボ家では日本じゃ“常温”保存のものも冷蔵庫に保存。
開封したお米とか小麦粉とか乾物系やお醤油も。
頻繁にスーパーに行けるわけではないので、お野菜・お肉も買いだめ。
このたびあえなく容量アップとなったワケです。
(ビールの消費量が気温に比例するってのも理由のひとつ・・・?

教訓 :インドでは冷蔵庫はでかいに限ります。


容量以外にこだわり条件はなかったけど、今回は厳選のため、ちょっとした冷蔵庫ツウに。

家電ってのはお国柄が表れてて面白い。
例えばこっちのエアコンには暖房機能がなかったりってのもそう。
洗濯機に「サリーモード」があったりするのもそう。

冷蔵庫にもインドならではというか、日本にはない機能も。

まず、鍵付きの冷蔵庫。
メイドを雇うのが(上流階級では)当たり前なインドでは、盗難防止の為に鍵付きも割とメジャー。
お互い気持ちよく過ごすためにはやむなしの機能かな。
めんどくさっ!

そして、鍵付きよりもメジャーな機能なのが、これ↓
fridge.jpg

ウォーターディスペンサー。
押せば冷たいお水がドアを開けずに飲めるやつ。
なんせ、インド、暑いしね。
高級バージョンだと、クラッシュアイスが出るアイスディスペンサーもあります

内側はこんな感じ↓
fridge4.jpg

貴重なスペースが取られるので別にいらなかったんだけど、結果的にこの機能付きに決定。
意外。使ってみたら超便利。
写真の色でお分かりの通り、サボ家は麦茶を投入。
四六時中ジャージャーやってます。
ちなみにこれを見て先日の旅夫婦は、『ビールが出てきたらいいのに』ってのたまってました。
あはサボ子も同感。
そんな冷蔵庫が発売されたら、即決です。
あ、自動補充とかしてくれたら最高です。

そんなバカ話は置いといて。
いちいちドア開けてボトル取ってふた開けて・・・って動作がいらないのは確かに楽ちん。
水分補給もまめにできるし、省エネにもなるし。
さすが、ほぼ年中暑い国ならではのローカル機能。

そういや以前、日本の先輩んちで、長ネギ立てがある冷蔵庫を見てびっくらこきました。
意外なところでジャパンな仕様でした。

で、今回の冷蔵庫探しでそれ以上にびっくらこいてしまったのが、テレビ付きの冷蔵庫。
冷蔵庫のドアに液晶テレビ。もちろんリモコン付き。
インドローカルの機能なのかは不明だけど、その思いつきが分からん。
っつーか、全くいらねーーー!
当然、値もはるこの冷蔵庫。
販売してるってことは、買うインド人がいるってことだけど。
同じお金かけるならビールディスペンサーの方が売れると思うけどなぁ~ 

====

えっとー。さきほど、件のご近所さんからバースデーケーキのお裾分けを頂きました。
ひゃっほーい!

冷蔵庫はやはり大きいのに限るねぇー

だらだら書いてしまったけど、ま、そういう結論っつーことで。(本日、むりやり終了です

ホテル de ブッフェ

こんにちは。
食べ放題は元を取る自信があります。飲み放題はなおさら。
但し、ケーキ食べ放題の元は取れません。
乙女度低し、サボ子です。

====

さて、久々のレストラン情報。
本日は、「ちょっと今日はご馳走食べたいな♪」ってときのホテルブッフェ。
ブッフェって言うと品が良いけど、サボ子的には要は食べ放題♪
日本で言う「ホテルでお食事」みたいに敷居は高くなくて、「安心なレストラン」感覚です。

グルガオン近辺で勝手にランキング。↓↓↓

第1位 クラウンプラザホテル

毎回内容が違って、楽しみ。
レパートリーが多いからか、確率的にたまに微妙なのもあるけど、総じてどれも美味しい。
お肉もその場で焼いてくれるし、ラップも好みで作ってくれるし、イタリアンとか何でもあり。
サボ子の基本は、前菜たーっぷり、スープ、肉、肉、餃子、寿司、寿司。
お寿司はミニサイズだけど、それがまたパクパクいけちゃって、うまっ!
マグロ、サーモン、アボガド、アスパラ、おしんこ。 お、おしんこ~
インド料理もあるけど、この時ばかりはスルー。
普段食べれないものを食べるのが目的ですから。

デザートも沢山あり。
いつもじゃないけどチョコファウンテンもあるので、お子様は楽しいかも。(サボ子も楽しい
日曜日に限り、デザートはレストラン外の別のカフェに陳列されてます。お見逃しなく!

そして、第1位の最大の理由は・・・ 日曜日だけシャンパン飲み放題~!
その名も『サンデーシャンパンブランチ』
シャンパンって名前が付くけど、実はビールもワインも何でも飲み放題。
サボ子がオーナーなら、『サンデー何でも飲み放題ブランチ』にネーミング変えるね。

ちんけな居酒屋と違って、どんどん注いでくれるので、大波に乗れます。時間制限もないし。
飲んべえのみなさま、お楽しみあれ。

Cafe G  @ クラウンプラザホテル
日曜日 (12:00~16:00)
 シャンパンブッフェ : 2450ルピー  (1ルピー≒2円)
 ティートータラーズブッフェ(アルコール無し) : 1850ルピー
 (※禁酒者のことをTeetotalerと言うらしい。ふーん)
平日(日曜以外)
 ランチブッフェ(12:00~15:00) : 1350ルピー
 ディナーブッフェ(19:00~23:30)  : 1550ルピー

http://www.aplacetodine.com/r/CafeG
(↑これ書いてて平日のビール飲み放題キャンペーンを発見!7月末まで。
普通にビール頼むと、キングフィッシャー1本 250ルピーです。高っ!)


第2位 ラディソンホテル  (空港近く)

ここも、美味しい。
1品1品、手が込んでて、盛り付け、飾り付けが素敵。
見た目だけでもテンション上がります。
お寿司もあって、その場で作ってくれるけど、すし飯はクラウンプラザに軍配あり。

NYC The Fun Cafe @ ラディソンホテル
 ディナーブッフェ : 1500ルピー
 キングフィッシャー : 175ルピー

ウェブが見つかりません・・・。
電話 +91-11-2677-9191


第3位 パークプラザホテル  (グルガオン)

どうも目立たないホテルだけど、逆にそれがいい。
レストランもホテルと同様、こぢんまりしてて落ち着くかんじ。
お料理の種類は少ないけど、味はどれも確か。
前菜系が美味しい。
エビとかウマッ!エビはクラウンプラザより新鮮だと思う・・・(なーんて、たまたまかな?)

お値段が安いのも魅力♪
飲み放題はないけど、ハッピーアワーはあり。
ただし、対象はワインのみ。1本頼むともう1本だって。
うーん。そんなに飲む気はない。
ビールがハッピーアワーなら点数高かったんだけど。

New Town Cafe @パークプラザホテル
 ディナーブッフェ : 899ルピー
 コロナ : 195ルピー
 (※少し前の情報なので、価格が変わってたらごめんなさい。)
http://www.aplacetodine.com/r/NewTownCafe-1


====

先日、クラウンプラザでサンデーブッフェしたわけですが。
実は、2週連続でして。
1回目のときは、ランチが終わったあとに、飲み放題のコースがあったことが発覚。
『シャンパンいるか?』って聞かれ、『ノー』 (by サボ太)って答えたら、それっきり。
お水ランチでした。
( 『ビール?』って聞かれたら、サボ子が『イエ~ス』って答えたのにぃー。)
ま、ランチの後に用事もあったしね・・・ (←負け惜しみ)
周りでシャンパンを飲む西洋人がやたら多かったんだけど、それで気づけばよかったー。
てっきり西洋人はそういうオシャレな習慣なのかと…
無念、推理力不足。

しかもその時はデザートが外のカフェにあることも知らず、食べ損ない。
(平日はレストラン内にあります。日曜はフルーツだけなのかと…。サボ子のバカバカ!)
帰りしに横目にデザートを見つけた時は・・・思わず叫んだね。
甘いものフリークじゃないサボ子だけど、せめて1個ぐらいは食べたいです。。

っつーことで、頭ん中はリベンジだらけになってしまったサボ子。
何かイベントがないと、毎週通える値段じゃないけど・・・
結婚式記念日が近い事を見事思い出し、翌週も連チャンしたわけです。フフ。
あ、ただの結婚記念日です。
サボ家、入籍日が結婚記念日なので、結婚記念日なんて単なる口実です、ハイ
今後もこの手が使えるかどうかは分かりません。
全ては来年のサボ子の記憶力次第です。


・・・で、これで一件落着のはずだったんだけど、、本日、ビール飲み放題フェア発見。
コマツタ。記念日、モウナイ。


『暑いからビール』、でいっか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。