今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら、ディワリ

こんばんは。
えーと、いつの間にかディワリが終わりました。
お正月の三が日が明け、4日からの出勤で強引に日常が始まるようなあっけなさです。
爆竹(花火?)は、今日もたまーに、申し訳なさげにバンッ!と鳴ってますが。

ディワリ期間は、富と幸運の神様をお迎えするため、玄関の外にお花や灯りを飾るのですが、
一部片付けられ、一部はそのままです。
その家の主の性格によるものなのか、はたまた何か意味があるのか、不明です。

我が家の窓の照明はいつ外していいやら分かりません。
可愛いので今日も夕方から点灯してますが、滑稽に映っているようならちょっとショックです。

サボ太も昨日から会社が始まり、いつもの日常が始まっています。

あ、でも、昨日、ガードマンに『Happy Diwalli!』と声をかけられたそうです。
※解説 : この場合、『ハッピーディワリ』 = 『お年玉ちょうだい』 と同義です。
 時は既にハッピーハロウィンだった気がしますが…。 ま、いっか。


サボ家は、ドライバーくんにだけ、お年玉とナッツの詰め合わせを用意。
(事前調査無しだったため、お年玉の相場は全く不明。英世1枚ぐらい。超優秀なドライバーくんだけど、どうなんでしょ?)

サボ太は会社からディワリギフトをもらってきてました。
社員全員に配られたようです。中身は部署とか役職とかによってそれぞれ。
現物支給のボーナス(お年玉)、日本からするととてもおもしろい習慣です。
ま、多くの場合、現ナマの方が嬉しかったりしますが。(おっと失言…)

ちなみに、サボ子がディワリに手に入れたものは、右腕の筋肉痛と、腹の贅肉…
暇なので連日テニスをしてたんですが、数時間ごとにお腹が空いてしまうサボ太のペースに完全に巻き込まれ、せめてプラマイゼロとしたいところを、大きくプラスのまま終了しましたがっくり
サボ太の馬鹿!!

富と幸運の神様よ、何処へ?!
やはり来年は、乗り遅れずに、海外脱出計画を粛々と実行したいと思います。


この時期、一般インド人家庭では親戚同士の行き来が多くあるようで、
団地内でも、正装した(たぶん)インド人達が沢山出入りしてました。
空気全体が何となく浮かれた感じ。
サボ家は、棚ぼた的な三連休ぐらいにしか思ってないので、至極フツーの休日でしたけどね。



…夜以外は。



花火&爆竹、ウルセーーーー!

ディワリと無縁のフツーの夜を過ごそうにも、うるさくて不可能です。

花火は28日の夜(というより夜中)がピーク。
30メートル先ぐらいでバンバン上がるため、音と花火とのズレは全くなく、完全同時です。
すなわち、音も減衰なし、デカイ


音を伝えれないのが残念ですが、こーんな感じ↓
hanabi.jpg
これって、日本だと火薬取締法とか何とかで一般販売禁止レベルだよね…?

ねずみ花火、打ち上げ花火、吹き出し花火、爆竹、パラシュート、手持ち花火、何でもアリ。
明らかにどこかのベランダ目がけて弧を描くロケット花火もあったりします。
こわっ!

やはりインドというか、花火のせいなのかは不明ですが、失敗もあり。。。↓
hanabi1.jpg
いや、これ、完全アウトでしょうー 


何組ものグループがあちこちでやってくれるもんだから、屋内から観賞するには、連発で見れて嬉しい限り。
リビングのソファから見れるので騒音は我慢しなきゃかもですね。


情緒ってものは少しも感じられず、派手さメインでございました。
日本の線香花火なんて、きっと理解されないんだろうなー。
ま、それはお互い様。私も爆竹の意味が分かりません。


それでも、家族や親戚が年に一度(・・・であると期待したい)集まって花火をする機会というのもいいもんですね。

(…と、今日は美しく終わることにします。)

スポンサーサイト

庶民の台所へ潜入

こんにちは。
インドも朝夕は涼しくなってきました。
(とは言え、常に半袖で過ごしてますが。)

デリーにも、実は冬があるらしい。
日本製のエアコンを買ったものの、暖房機能は付いてないことが先日判明…(><)
40度越えの酷暑の時期に選んだので、暖房機能なんて思いもつきませんでした。。 涙

暖房器具を用意せねばとは思うものの、11月中旬で実感ゼロなので、重い腰は重いまま。
現在、冷たーい石床に薄ーいラグ1枚、コタツもホットカーペットも無し、
頼るは薄い夏用羽毛布団のみ。はたして大丈夫なのかーー?

どこからともなく虫が大量に侵入してくる密閉性はあまりないらしい我が家、
突然冬がやってきたら、寒さにも暑さにも弱いへたれサボ子、大ピンチです。

ナムアミダブツ…



さーて、日曜日に、噂のINAマーケットへ潜入して参りました。
デリーの庶民の台所と言われている市場。
長らく気にはなってたものの、デリーだし、ちと遠いなーと思って行かずじまいでした。
衣料品あり、日用品あり、スパイスあり、肉あり、野菜あり、魚あり、つまり何でもあり。

現場のカホリと、蝿の多さをお伝えできなくて非常に残念です。
ケモノ臭さと魚臭さがごっちゃになって、何とも表現できぬカホリを生み出してました。
魚系は慣れっこな日本人でも、ケモノ臭さとのブレンドは衝撃でした。

なんて言うんでしょうねぇー。

肉屋の店先には、生きた鶏が籠の中で鳴いており、店の中には血抜き中の鶏が見え、
隣の魚屋では名も知らぬ魚が山積み、バケツの蟹は動いてるけど底の方は多分酸欠状態。
人間の食への欲深さが分かる場所です。有り難く頂かなくては、ね。

ina.jpg
狭い通路の両側に並ぶ店舗。肉屋のアップは撮れず…


新鮮さは文句なしにピカイチなんだろうけど、魚と肉には手が伸びませんでした。
ina2.jpg
魚をさばき中。まな板でも何でもなく、床の上です。


でも、野菜や果物は初心者向け!

↓↓こ~んな立派な白菜をGET~
hakusai.jpg

スーパーでたまに見かける白菜は、超ミニサイズなので嬉しい♪
ついでにニラとレンコンも購入、しめて120ルピーなり(≒240円)。高いか安いかは不明。

日本人の利用者も多いのか、『ハクサイー? モヤシー?』 などと呼びかけられます。
果物の種類も豊富で、柿とか、ランブータンとかありました。


遠いけど、新鮮な野菜を求めて、今後もたまに潜入する予定です♪

ぎょーざ

こんにちはー。
ディワリウィークで増やしてしまったした2キロが戻らないサボ子です

高校生の頃は、体重増加の理由が明らかだった故に(単なる食事回数の過多)、
体重なんて、その気になれば、自由自在なんて、激甘な夢を見てました。

最近、それは単なる幻想であったと認め始めてます。
(ええ、遅すぎですが。)
1キロの壁、それは高校時代から十数年経ってしまった今、とてつもない断崖絶壁です。
手がかり足がかりゼロです。。。


…と、嘆きつつ、やっちまいました。

先日、INAマーケットで手に入れた白菜+ニラ。
白菜+ニラ とくれば??


そう、サボ子の大好物、餃子様の材料~♪

サボ子、好きな食べ物を3つ挙げよ、と聞かれれば、
餃子、カレーライスは固定で、あと1つは気分によって、お寿司やお好み焼き、鍋が入ります。

インドでも、中華に行けば蒸し餃子があるし、モモというチベット餃子も人気があります。
でも、ザ☆キングオブ餃子の 『焼き』 が無いのです

皮は売ってないので、皮から手作り。
いつだったか、サボ太が間違って買ってきた麺棒が役立ちましたよ…。(→前の話
インドの小麦粉って、中力粉が主流だそうで。餃子の皮にはちょうどいいではありませんか♪

↓サボ家、インドでは豚を食べないので鶏餃子ですが、念願の「焼き」。
  水餃子もモチモチで美味しいです。
gyoza.jpg
(不格好でスミマセン。せめて並べればよかった…)


『作るの大変なのに、食べるの一瞬』


昔、ハハが嘆いてたのが分かる気がします。

半分冷凍する予定で作った40個、1回で完食。
ハイ、食べ過ぎました。

年末帰国での増加予定(確定)分のマイナス調整が必要なのに、真逆に続伸中です

お世話にはなりません

パスタを食べてたら、銀歯が取れました。
最高潮にブルーなサボ子です。

インド生活、これまでのところ、風邪もなく(馬○?)、めちゃくちゃ健康優良児だったのに…

あ、1度だけ下痢ピーの洗礼は受けました。
インド入国数日後から始まった1週間の下痢ピー。
ちなみに、お腹は痛くありません。

痛くないならいいじゃん、と思ったそこのアナタ。
お腹の痛くない、水状態の(ス、スミマセン)下痢ピー、かなりな恐怖ですよー

そう言えば、目ばちこ(目イボ?ものもらい?)も経験しました。
これは小学生以来の経験。手洗いは大切ですよ、インドでは特に。
もちろん病院行かずに自然治癒させました。

在印7ヶ月でたった1度の下痢ピーと目ばちこ、かなり優秀だと思うんですけどねー。

そんなサボ子、銀歯ゴトキでここへきて初ピンチを迎えております。

痛くは、多分、ナイ。
見た目上は、虫歯になっている感じも、多分、ナイ。
インドの歯医者、行きたくは、ナイ、絶対に

神様、仏様、ガネーシャ様、できれば、年末の一時帰国まで、このままいかせてくださーい

言葉は通じなくとも

今日は、我が家のドライバーくんのお話。(正確には我が家も担当している、会社のドライバー)

彼、英語はほとんど話せません。
数字、時間、曜日、左右、が分かれば何とかなります。
「アイアムオフィス?」「イエース、ユーアーオフィス」みたいな会話が最高レベル。
あとは手振り身振り、指差し。

しかーし、英語を話せないことが気ににならないほどのピカイチポイントが揃ってます。

①時間に遅れない   (3分前に来ないと逆に心配…)
②道を知っている   (たまに道を全く知らないタクシーにあたると、私、降りる派です)
③道を覚えるのが早い (これ、盲点!一度行くと覚えてくれます)
④運転が上手い  (ドライバーにも色々ありますんで、敢えて列挙してみた)
⑤無理・無茶をしない  (心地よい強引さは持ってますが、安全第一)
⑥迷う前に人に聞く  (何が一番早いかを知ってます)

重要度ランクを付けようと思ったけど、どれもこれも、外せないポイントだなー。

色んな運転に乗ったけど、バンプの前でスピード落とし過ぎだったり、強引さがなくてずっと右折できなかったり、知ってる知ってる、と言いつつ、めちゃ遠回りだったり…。
(※スピード落とさせる為の道路の凸。信号が少ない代わりに、バンプがやたら多いです。)

えっと、ちなみにサボ子、ペーパーです。教習所も人より長く通ってます。棚に上っておりますが、どうかご勘弁ください…

たまに、私たちを待っている間、ハンドルに足乗っけて熟睡してますが、これはご愛敬です
起こすと、めちゃくちゃ焦って座席を戻し、決まりの悪そうな顔のドライバーくん。
(多分、車の外で待つように教育受けてるのかな?でも朝早いものね。全然オッケーよ。)


そんなドライバーくん、ディワリの日(めでたい!)に子供が産まれたそうです。
インドは子供が産まれたらお菓子を配る習慣があるらしく、サボ太もお菓子をもらった次第。

えええーっ!結婚してることも知らなかったよーーー!
一線を引くため余計なおしゃべりは慎むべし という掟(?)に忠実に従ってました。
(ま、ヒンディ語で会話できないけどね。)

で、サボ子、本日やっと、タイミングを逃しまくってたおめでとう!を伝えることができました。(遅っ!)
ちなみに、ベイビーの単語が通じないので、妊婦さんのお腹とか泣き声でようやく伝え、
(ま、2週間も前だし、突然だったから意味分かんないよな…)
コングラチュレイションズも通じないので、『ベイビーイエーイ』と言いながら、一緒に拍手。

伝わりました~♪
めちゃくちゃ笑顔~♪

言葉は分からなくても、気持ちが通じたときってとてもうれしいですよね~

こんなシンプルなことを伝えるのに苦労したことはひさびさ。
でももしかして、『ベイビー』&『コングラチュレイションズ』の言葉で伝えるよりも、
たくさんの『おめでとう』が伝わったかもしれないなーと思ってちょっと嬉しいひとときでした。

言葉が通じなくて得する場面ってあまりないけど、これは通じないからこそ、という瞬間かな。

あ、おめでとうと伝えたいと思わせる、ドライバーくんの人柄が、一番のピカイチでしたー。 
上記ピカイチポイントリスト⑦に追加!


<おまけ>

で、なんと、5人目だそうで。 (←手振り身振りは省略)

つうか、何歳だよ!!
笑顔が超キュートなので20代前半かと思ってたし。5人のパパすか?!
ここ最近で一番のびっくりだわ。

4人女の子、で、今回初めての男の子。 (←手振り身振りは省略)
まだまだ男児偏重のインド、しかも5人目にしてやっと。そりゃあ、嬉しさもひとしおなはず♪

何はともあれ、おめでとう~

ポリスマン登場

インド国内でのビザ変更(延長)手続きの続編です。 (→第1話

FROに行ってから3週間が経ったので、昨日、『まだか?』とオフィサーに電話してみた。
(※FROのオフィスはつながらないので、オフィサーの携帯を教えてもらうべし)


すると、なんと今日夕方、突然ポリスマンが家にやって来た。

(え?何?)

街角でよく見かけるアーミー風の制服にベレー帽の正真正銘ポリスマン。
こんなに間近でお目にかかるとはね。ビシッと決まってます


居住を確認するだけかと思ったら、家に上がる気マンマンらしい。

(あ、ど、どーぞ。)


ソファにどっかと座り、『たばこ吸ってもいいか?』

(あ、ど、どーぞ。)


お水がないので、『甘くないけど中国茶(麦茶)飲む?』って聞いたら、
『え?甘い物(=お菓子)あるの?』って言われた。

(あ、聞き方がまずかったね。甘い物、ノンベジだけど日本のおまんじゅうあるよ。)


『あったかい紅茶飲む?』

(あ、はい、コーヒーがいいのね。)


いかーん。完全にポリスマンのペース
なんだよ。昨日電話するまで何の音沙汰もなかったのに。
しかも来るなら、ポリスマンが確認に行くよって教えてよ。
電話した次の日に動きがあるって、早すぎてびっくりするではないか。


ポリスマンの息子さんたちの話が主で(トホホ…)、ほんのちょっとの書類確認の後、
誰か近所の人を呼んで来いと言うので、お向いさん(来客中)にお願いして来てもらった。
日頃の行動に問題なしってことの証人が必要らしい。
Exellent&Noble ですってよ。オホホ。


来客中なのにごめんね・・・って申し訳なく思ってたら、
そのお向いさんの職場と自宅が近いらしく、勝手におしゃべりに花が咲いてました。


な、何だよ、インド人。。。

つうか、素行確認だけなのに、なんでお向いさんの仕事の話を始める??
しかも、お向いさん、なんでその話にアンタも乗る?


ヨイショのつもりで 『1軒1軒回るの、大変ですね』 って言ったら
『そうなんだよー』 って、さも大変そうに言ってたけど、
そのおしゃべりがなければすぐ終わると思うんですけどねぇー。
結局1時間近くいましたよ


帰り際、靴べらを差し出すと、いたくお気に召された様子。
『もう1個ある?』 って聞かれました (ないよ。)
靴べらってインドにないのかなぁ?

もはや検問の怖そうなポリスマンのイメージは消え、ただの話好きな近所のおっさんなので、
あげてもいいかな、と一瞬思ったけど、ぐっと我慢。

最後までポリスマンのペースにやられっぱなしは、さすがに、いかーーん



<おまけ>
↓ポリスマンのたばこ。葉っぱを糸で巻いてます。感激したので撮ってみた。
cigar.jpg

↓サボ太の同僚にもらったお気に入りの灰皿。(なんか、素敵♪)
ash tray
(喫煙者じゃないはずのサボ太殿、なぜ、灰皿をもらうかは追及しないでおきます 笑)


-------
ようやく、新ビザ取得が見えてきました。
で、いつもらえるかと言うと、今日からさらに1,2週間後とのこと
ポリスマンがFROに書類を送り、それをMHAに送り、さらにFROに戻すと。1週間は無理だな。


続編なしの予定でしたが、さらに続編に続くようです。。

ヨガの道は遠し

継続は力なり という言葉が好きです。

でも、実績はほとんどありません。
三日坊主ネタは腐るほど持ってるサボ子でございます。

止めておけばいいのに、継続の力が試されるものに手を伸ばしてしまいました。

ヨガ

インドですし、ね。
やりたくもなりますよ、ね。

団地内でヨガ教室があります。
開始15分前に目覚ましをかけ、完スッピンでヨガマットだけ抱えてふらふらと集会所へ。
目も開かない状態でとりあえず参加、ストレッチしてる間にようやく体と頭が起きてきます。

サボ太は起きてくれません。
サボ子を密かに横目で観察しながら、ヨガの効果検証をしてるのではないかと思われます。
チッ。
劇的に痩せて、なんとかサボ太を巻き込みたいものです。

『共通のご趣味は?』 『あ、ヨガです』 
ムフ。想像するだけで素敵な会話です。
そんなさわやか夫婦になってみたいものですが、そんな日は来るんでしょうか・・・?

あ、そうですね、まずは効果を見せつけるのが先決でしたね。

ちなみに、続けて2ヶ月ほど経ちましたが、
体型の変化、なし。
体重の変化、なし。(いや、むしろ増加中?)
快腸。 (ま、元来、下らない、詰まらないタイプの女です)
快眠。 (これまた、生まれてこのかた、不眠とは無縁です)

えー、正直申しますと、普段が健康体なもんで、変化がよく分かりません
昔、職場研修で、お互いの良いところを挙げましょうという課題で、
サボ子の同僚が、「丈夫なところ」と書いてくれました。(ありがとう、Hちゃん。)
確かに、仮病はあれど病欠はありませんでした。
今でも健康体が自慢です、サボ子。

あえてまじめに答えを絞り出すとすれば、
生理痛がなくなりました。 (おそらく、ヨガ効果かと。女性の皆様、試す価値アリですよー)
多少、体が柔らかくなりました。 (晴れて、前屈のマイナス脱出です。)
ぐらい、かな?

頑固な冷え性は残念ながら相当頑固みたいです。

でも、「継続は力なり」ですから、しばらく続けてみようかと思います。
できれば体型に変化をもたらして欲しいものです。
半年後のレポをお楽しみに。


1回1時間×週5回で月1200ルピー。今のレートだと、2400円程。月2400円!
日本で数回だけ体験したことがありますが、日本だと1回あたりのお値段でした。
こうでなくちゃね~ 続くものも続けられません。

先生は、姿勢がきれいなおばちゃん。(ヨガの達人って例外なく背筋のびてますね~
生徒は、日によって4~8人。
インド体型のおばさまとおじさまですが、体の柔らかさは体型と関係ないみたい。
ポーズは断然インド人の方が決まってます。さすが、本場だわ。

レッスン1時間のうち、半分以上は、超のんびりストレッチや呼吸法ですが、
太陽礼拝(ヨガの基本の連続ポーズ)を12連チャンとかされると、かなりハードです。
朝の心地いい、時に寒すぎる冷気の中、窓を開け放してやってますが、軽く汗ばむほどです。

レッスンは英語&ヒンディ語のミックス。
ヒンディ語は全く不明。わずかに聞き取れる英語も、

『Relax your kneecap (膝のお皿をリラックスさせてー)』  (ん?)
『Stretch your dominant bowels (内臓を伸ばしてー)』   (なぬ?)

とか、意味不明な注文が多いです


瞑想らしき時間も5分ほどですがあります。
サボ子、どうやら雑念だらけのようです。

(いい?呼吸に集中よ、呼吸!) と念じていても、いつのまにか、
(あれ?昨日は何食べたっけ?) とか考えだしてしまいます。

(あ~、鼻がかゆい) とかなると、ジ・エンド。

何も考えない って難しいですね。
極めていくと、意識が体から離脱するという経験をされる方もいらっしゃるようですが、
今のサボ子には縁のない話のようです。

されど、継続は力なり。 (しつこい?)

願わくば、体型の変化と共に、多少の集中力を授けて下されば、有り難いことでございます。


結果やいかに??

テロ

ムンバイでテロがあった様ですが、無事です。
サボ太も出張中ではありません。
犠牲者の数が90名近くになっています。
日本人が巻き込まれたという話もあり心配です。

取り急ぎ。  (@11/27 6:00am)

つづきを表示

初めての冬 ~冬支度~

とうとう、やって来ましたよ、インドの冬が。
今週に入って、やたらと寒い…

日中は、半袖のインド人もいれば、セーター着たインド人もいて、かなり自由です。
(日本じゃ、半袖とセーターが同居ってあり得ないような…。)
私は羽織物を持ち歩いているものの、まだ半袖派。
バイクに乗るならともかく、セーター着るほど寒いかはかなり疑問なところです。

問題は日が暮れたあと。(最近は18時には真っ暗です)
気温差、激しいです。寒いです。


本日は、ここ最近の寒さの推移と、我が家&サボ子の冬支度のご紹介。

第1段階 : 靴下
11月に入って、家の中で靴下を履くようになりました。
今まで心地よかった石床の冷たさが、気が付いたら触れたくないものになってました。
家に帰るとまずは裸足になりたい靴下嫌いの私が、今や、お風呂上がりでさえ靴下。

第2段階 : 長袖
家の中では常に長袖になりました。
なーんか、空気がひんやりするんですよね。夏仕様の家なので。
11月中旬には、家に帰ると長袖を羽織るように。

第3段階 : スリッパ
とにかく、足もとが冷えるんです 靴下越しでも伝わってくる床の冷たさ。
私、スリッパは靴下以上に苦手、というよりその習慣がない。
よそ様のお家でスリッパを履いていても、うっかりすると、スリッパが迷子になりかねません
そんな私が、スリッパを常時愛用中。スゴイ。

第4段階 : ひざ掛け
これ、日本から持ってきてよかった~!!
毎日大活躍中です。 (ありがとうAちゃん)
これからインドに来られる方、隠れた必需品かもです。

第5段階 : 毛布
いよいよ寝るときも寒くなり、先週、毛布を出しました。
キングサイズのベッドに対して、毛布はシングルサイズ1枚…。
ええ、小さいですけどね。無いよりはマシ。だって必要だとは思わなかったんだもの…
朝起きたときに独り占めしていないように、注意が必要です。
(万が一のことがあっても、あくまで無意識なのでお許しあれ。>サボ太)

第6段階 : オイルヒーター
それでもやはり寒く、これはやばいという思いに駆られ、先日、慌てて買いに行きましたよ…。

我が家のニューフェイス、オイルヒーター様↓  熱烈大歓迎~♪
heater.jpg

いやー、暖かい。空気の温度がまるっきり違う。
電気代が心配ですが。。『冬は2ヶ月』という噂を信じて、これから毎日お世話になりま~す。
嬉しくてONにしたまま寝たところ、次の朝起きたら、毛布がベッドの足もとに落ちてました。
毛布だけ器用に蹴り落としたみたい。
さすが、オイルヒーター。
これで、毛布を巡る攻防も必要なさそうです
オイルヒーターなるものの性能が心配だったけど、大満足~!
朝、布団から出るのも全然つらくない♪



これで、サボ家の冬支度は万全
めでたし、めでたし、なのでした。 (今のところ、ね。) 


番外編 : お風呂
寒い=お風呂は?と思われた方のために、ここで、インドのお風呂事情を簡単にご説明を。 

サボ家、今でもシャワー派です。
そりゃあ、こんな季節ですもの、毎日お風呂に浸かりたいんですけど。
毎日入るなんてトンデモナイ。

ええ、バスタブはありますよ。
ただし、
給湯タンクが小さいため、20センチ溜めるのが限度。 (半身浴にもならない
大・中・小の鍋をフル回転してお湯を沸かし、キッチンとお風呂を何度も往復し、お湯の枯れた給湯タンクから流れる、ただのと混ぜて、ようやく適度な湯量&温度を確保します
お風呂に入る = 一大イベントなのです。

前住んでた家より、湯船はでかいのに、まさに無用の長物。
むしろ三角座りがようやくできる大きさでいいので、お湯が溜まる湯船が欲しいサボ子です

そう、勘の良い方はもうお分かりですね。
湯量が限られているので、シャワーも当然、悠長に入っていられません。
こまめにシャワーを止め、(これが寒い…)、さっさと体を洗ってしまわないと、
途中でお湯がお湯ではなくなります
いつ、その時がやってくるか。かなりスリリングなバスタイムでございます。

もちろん、誰かのあとに続けて入るとトンだ目に遭いますので、注意が必要です。
(夏は、もともとの水温が高いので、水シャワーもOKなんだけどね…)

あ~、ゆったり湯船に浸かりたーーーい!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。