今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥルガ・プージャのお祭り

こんにちは。しばらく放置してましたが、おかげ様でサボ子は今日も元気でございます。

さて、インドの10月はお祭りの季節。
日本の花火大会のように、宗教に関係のない「お祭り」は無く、インドではすべてのお祭りが宗教に関係した伝統行事のようです。ちょっとうらやましくもあり。

10月9日はダシャラというヒンドゥ教のお祭りで祝日。(日付はヒンドゥ暦により毎年変更)

一言で言うと、ラーマ王子がランカ島(今のスリランカ)で悪魔ラヴァナをやっつけた日。
10日間のお祭りですが、最終日の夜には、悪魔ラヴァナとその弟たち、3体の大きな張りぼてを燃やすイベントが行われ、祭りのクライマックスを迎えます。
張りぼてには花火が仕掛けられて、町中が花火大会のようでもあります。
車の中からだけど、でっかい花火が沢山みれました♪
(ちょうど渋滞中にべスポジを通過♪)

(ちなみに、ダシャラの日をを含んで20日後(19日後)にラーマ王がランカ島から戻ってきた日をお祝いするのがディワリの祭り(今年は10月28日)。ダシャラと、ディワリ、3月のホーリーがヒンドゥの三大祭りとされています。10月は、そのうち2つが集中したお祭りシーズンなのですね~)

で、デリーを中心とする北インドでは、張りぼてを燃やすダシャラの方がメインのようですが、この同じ日、コルカタを中心とする東インドのベンガル地方では、ドゥルガ・プージャというお祭りがあります。
元の由来はひとつなんだろうけど、地方によって祝い方や風習も様々なよう。
 ドゥルガ=ドゥルガという女神
 プージャ=儀式、祈りという意味

ドゥルガ神は、天界から5日間(4日?6日?)地上界に送り込まれ、この日、天界に帰っていくと信じられています。
ラーマ王子の勝利を祝うダシャラとの関係性はよく分かりません…。


デリーにもベンガル人が多く住んでいるので、ドゥルガ・プージャのお祭りが開かれます。

昨日は、コルカタ(ベンガル地方最大の都市、というより、インド最大の都市)出身のインド人にドゥルガ・プージャを案内してもらいました♪

(以下、クリックすると画像が大きくなります)

祭りの時期には様々なドゥルガ神の像が作られます。
durga1.jpg
↑ 手が10本持つドゥルガ女神。ライオンを乗り物とします。(トラの場合もあり)
シヴァ神の妻であり、2男2女の子供がいます。
息子の1人が象の顔をした神様として有名なガネーシャです。
上はドゥルガ神が悪魔マヒーシャスラ(緑色のやつ)に勝利した図。
マヒーシャスラが水牛に化けていたところ、その水牛の頭をドゥルガが切り落とし、水牛から本性を現したマヒーシャスラをやっつけたという話。

durga2.jpg
↑ 2人の娘。フクロウを乗り物とするラクシュミ(右)と白鳥を乗り物とするサラスワティ(左)。
2人の息子は、ガネーシャ(乗り物:ネズミ)とカルティック(乗り物:孔雀)。
グループによって、デザインも(完成度も)様々です。
コンテストも開かれます。
インドの神様、多すぎ・・・。数が多い上に、それぞれに神話があり、家系図にも諸説があったりして、概要をつかむだけで相当な時間を要しそうです。

durga3.jpg
↑ 行列の様子。ドゥルガ神の像はトラックの荷台に乗せられ、市内を行進します。
荷台では、太鼓を鳴らし、踊り、かなり賑やかです。
ハチマキをした若者たちも併走します。光GENGIみたい
女性たちはマイクロバスの乗って続きます。

durga4.jpg
↑ 背の高い像を運ぶのは大変です・・・。街路樹に引っ掛かってます。
その前に気づけよ!って思うのは私だけでしょうか・・・?


durga5.jpg
↑ 会場が近付くにつれて、テンションも上がります。
ノロノロしか進まないので踊りっぱなし・・・。

durga6.jpg
↑ ようやく目的地である川に到着!トラックの行列。
この後、美しいドゥルガの像はなんと川に流されます。川から天界に帰っていくのだそうです。
日本の灯篭流しに似てますね。
(※曇っているようですが、砂埃と、お祈りの煙です。)

durga7.jpg
↑ 最後のお祈りを捧げます。(黄色い人は祈祷師さん?)

durga8.jpg
↑ エイャ!でドゥルガ神を持ち上げます。川まで決して倒してはいけません。

durga9.jpg
↑ 大きい(重い)像を作ると大変です。がんばってください。

durga10.jpg
↑ ま、もともときれいな川ではありませんが・・・。

durga11.jpg
↑ この人出。年々お祭りが大きくなっているため、最近会場が南デリー地区と北デリー地区に分けられたらしいですが、それでもこの状態。日没間近ですが、行列はまだまだ(奥の橋の上も渋滞中)。ちなみにデリーでは数百体ですが、コルカタでは数千体が流されるそう。当然、1日では終わりません。
真ん中にクレーンが見えます。大きい像を作り過ぎです。

durga12.jpg
↑ おまけ。お祭りに関係あるのかは不明。単なる水遊びにしか見えず。
中には川を横断するツワモノも。
相変わらず、インド人の泳ぎは下手くそです。溺れてるようにしか見えません。
息継ぎも必死の形相なので、本気で心配になります


~~
いやぁ、楽しかったです。
日本のお祭りについて色々質問されましたが、うまく説明できませんでした。
お神輿も似てるなーと思ったけど、宗教的背景まで分からん。説明したかったなー。

この10日間(ダシャラの期間)は菜食にするヒンドゥ教徒が多いようですが、ベンガル人にとっては、この日は『魚を食べなくてはいけない日』らしい。
夕食は魚を含んだインド料理を食しました♪

どこまでも多様なインドです。奥深し。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ←色んなインドが覗けます♪
 
 ←ポチっとお願いします

スポンサーサイト

日本のテレビを海外で

こんにちは。
サボ太が海外出張から帰ってきました。

 『今ステーキ食ってる』 
 そんなメール要りませんからー! 『まぁ、素敵♪』なんて返信しませんから。

応戦しようにも、ここはインド。なーんもありませんから

ちっ、私もインド脱出したいっス。焼き肉食べたいっス。

そんな希望も、いつのまにかお土産で丸め込まれてしまっていたサボ子です・・・_| ̄|○ 
あれ?あれあれ??

------

えー、実はサボ子、お仕事辞めました。
根性なしでスミマセン・・・

専業主婦に逆戻り~♪
嬉しいんだか、悲しいんだか。

とにかく自由な時間たっぷりです。
全然進んでないヒンディ語でもやるかなー。
「玉ねぎ下さい。」 = 「ピャーズ ディージエー」 ぐらいしか覚えてませんし・・・。
玉ねぎ1個で会話できませんっての。

という訳で机に向かったはいいけど、しばらく勉強というものをしてなかったので、
ま っ た く 集中できませーん
試験前に限って部屋を片付けたくなるっていう、アレ、です。

ついに禁断の日本のテレビに手を伸ばしてしまいました。
ロケフリも考えたけど、そこまで切望はしてなかったので、無料ので。

ワイドショー、久々に見てしまいました♪
画面小さいし、たまに乱れるけど、無料なんで、全然許容範囲。
どうしても見たいときとかは便利。リアルタイムです。
北京オリンピックのときに利用すればよかったなぁーーとちょっと後悔。

キーホールテレビ (下記サイトより視聴者用をダウンロード)
http://www.v2p.jp/video/

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ←たまに脱出したいけど、素敵な国です。
 
 ←ポチっとお願いします

落ちゆく体力 

ナマスカール。体力最低レベル、サボ子です。

日本では通勤だけでも意外と運動になってるものですが、インド、まったく、運動なしです。
移動は常に車。歩くのはスーパーの中と家の中ぐらい。
さすがに数ヶ月経つと、急激な体力の衰えを感じます。

サボ太 『ちょっと目つむって片足で立ってみ。』
サボ子 『う、うん…。』

ザ☆閉眼片足立ちテスト。
えっ、え、ええーーー? のっけから、ぐーらぐらです。酩酊オヤジです。

サボ太 『はい、16秒!』

じゅ、じゅう・ろく・びょうーー??

サボ子 『いや、もう一回もう一回』

往生際の悪いサボ子です。DEATH。

足を替えて挑戦するも、13秒。

え、え~っと? 
13秒はサラリと無視して、16秒を採用。

いや、それにしてもさ。。

体力年齢、65歳ぐらいです。
倍です。

やばいです。マジで笑えません。


みなさまもよろしければお試しあれ。

方法は簡単。 目を閉じて、片足で立ち、足が着いた時点でアウト。

00~30秒 50代
31~49秒 40代
50~69秒 30代
70秒以上 20代
※男性は90秒以上、女性は80秒以上の場合、強健者 だそうです。
眩しすぎる言葉。


もうひとつ、年齢別の基準値がありました。 30秒以下だった方はこちらを参考に。
ご丁寧にも50代以上が細分化されます。

20~29歳 70秒
30~39歳 55秒
40~49歳 40秒
50~59歳 30秒
60~69歳 20秒
70~79歳 10秒


恐ろしいぜ、インド。


 ←凹むサボ子に励ましのポチを。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ←体力に自信あり!の方、きっとインド向きです。

自己流ヨガ

サボ太が寝言で、突然 『Stupid !』 とつぶやきました。
会社のインド人に対してでしょうか…。孤軍奮闘、お疲れ様です。
続きが聞きたくて、笑いをこらえながら聞き耳を立てておりましたが、それっきりでした。
結末、気になる…
夢の中でも叫びたくなる気持ち、分かります

サボ子は、大学か何かのグループワークで、巨大な顔が飛び出す、飛び出す絵本を作製している夢を見ました。(ベロベロ・バーみたい)
インド人は一切登場しない、平和な夢でした。
お花畑な頭でごめんね、サボ太。
(ん?サボ太のStupidがサボ子に対してではありませんように…。)

-----
さて、ワタクシ、先日の体力年齢に少なからず恐怖を覚え、前屈できない身でありながら、
ヨガを始めました。日本から持ってきたDVDを観ながら。

ヨガやったことのある方はご存じかと思いますが、ヨガは呼吸が大事だそうです。

深い呼吸をしなさい、ってのは理解できるんですが、動きながらはツライ。
DVDの先生が言う 『吸ってー、吐いてー』 が遅すぎるんですけど。

乱れた呼吸のヨガ、効果あるんですかねぇ?
腕もプルプルなるし、思わず「う゛っ」って声が出てしまうポーズもあって、結構なハードさです。
鷲のポーズ(片足立ち)はやはり我慢できません。


先生 『はい、足を大きく開いて立ちま~す。上体を倒し、足首を持ちま~す。』

イデデデデ・・・

先生 『はい、頭のてっぺんを床につけま~す』

・・・んなもん付くか~!

声は優しいけど、言うことはキツイです、せんせい…。

なんちゃってポーズでなんとか1枚終えたけど、確実に筋肉痛です


 ←ポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ←ヨガと言えばインド!

小町 (日本食)

こんにちは。
昨日は久々に飲み過ぎ、朝から迎えラーメンを食しました、サボ子です。

『ちょっと涼しくなったし、テニスでもすっか。』となったのが事の始まり。
(整備状態はイマイチですが、団地内にテニスコートがあります♪)

日頃運動不足の私たち、30分で運動した気分になり、
(サボ子、ひどいノーコンなので、サボ太の運動量は多いかと思いますが。)
つい、つい、そのまま近所の酒屋へGO!

→冷えたビールを買い込み、ソファにどっこいしょっと。

天気の良い、日曜日の昼下がり。
運動後の程よい疲れ。血のめぐりのよい体。

→はい、ビール、ウマすぎ~。


テロ警戒でお出かけも控え目な今日この頃、そんな日曜日を過ごしております。


------
小町 
★★★★☆

グルガオンに新しい日本食レストランがオープン!ということで先週早速行ってきました
グルガオンの日本食としては2軒目だとか。
本気で嬉しいっ

感想。
ついに、ついに、グルガオンにも居酒屋ができました~♪

※サボ子にとっては、「日本食レストラン」より「居酒屋」の方が格上。極上の褒め言葉です。

デリーを中心に、いくつか有名な日本食レストランがあるようですが、(たった5、6軒ね
私はまだどこも行ったことがありません(><)
なので、他と比較はできませんが、どれも安心して食べられるお味です。

なす味噌と海鮮焼きそばが美味しゅうございました。
(茄子はインド茄子なので皮が固いけど、それは仕方あるまい。)


お店の中は日本そのもの。座敷もあって、肩肘張らない定食屋みたい。(いい意味で)

ほぼ満席。ほぼ全員日本人。
グルガオンにこんなに日本人いたの?どこにいらっしゃるのか不思議です。
全員に挨拶して回りたい気持ちでしたが、チキンなサボ子はそんなことできる訳もなく・・・。
どなたか、グルガオン日本人会作ってくださ~い…。

聞こえてくる会話は100%日本語。別世界です。
酔っ払って衝立にぶつかるおじさまもあり。 (お、お友達になってくださ~いっ
ここは、まさに、サラリーマンの聖地、新橋ございます♪


アルコールライセンスがまだ取得できてないそうで、麦酒が飲めなかったのが残念です。
(オープンしてまだ1週間だそう。早く行き過ぎた
あと10日程で取れるそうなので、そのあと、通いま~す♪
(それまでは、麦でできた透明のお水とお米でできたお水は頂けます。)

高級品(肉とか魚とか)は頼まなかったので、一人1500Rs程でした。

枝豆、冷奴などの居酒屋メニューと並んで、カレーライス(もちろん日本風)、和風パスタ、ハンバーグなどの定番メニューもあるところが、いかにも外国にある日本食レストランという感じ
1皿の量はそんな多くないけど、少人数で行ったときには逆にいいかも。
欲を言えば、焼き鳥メニューが欲しいです。あ、漬物も欲しい。納豆も。
・・・際限なさそうなので、このへんで。


小町 
3F MGF Plaza Mall, M.G. Road, Gurgaon
TEL 0124-436-3526 (おそらく日本人常駐)

小さな侵入者たち

デリーにも雪が降ります。 ↓
ga.jpg


嘘です。。


虫、大発生です。
うっかりあくびでもしようものなら、確実にお口にINです。
気のせいか、喉がイガっとすることがあります。
ええ、きっと気のせいです。

蚊でもなく、蝿でもないことだけがせめてもの救いです。
光に集まってくる奴らなので、小さな蛾かと思われます。

イナゴの次は、蛾ですか。そうですか。


極度の短命なのか、毎日大量に死んでいかれます。
モールなどの明るい場所のタイルの上なんて、悲惨です。
何を踏んでるのか、分かりません。
振り返れば自分の足跡をが分かります。
サーチライトの周りなんて、茶色のじゅうたんです。
ええ、はい、厚みもありますよ。


我が家のベランダもひどいもんです。
夜には窓&外壁にビッシリうごめいてますが、朝にはゴマをばらまいた状態で落ちてます。
白い部分が無くなりそうなので、数日間放置する勇気がありません。
夜、耳を澄ますと、雨が降ってるような音がします。
蛾が窓ガラスに追突してるんですねぇ。発生しすぎです。

写真をお見せするのが一番いいかと思いますが、かなり気分が悪くなるので自制することにします。


ま、ベランダだけならいいんですが。
が。
が。

リビングで毎朝、大量の虫が死んでます。。
スリッパなしで歩けません。

我が家、5月の砂嵐の時期に散々な目に遭ったので、隙間防止テープを日本から調達し、
結構な密閉度を自負しておりましたが、悲しい勘違いでした。

どこから、どうやって入るかは全くの不明です。
飛んでる姿はあまり見ないのに、朝になると床に大量に落ちてます。

暇さに任せて、床の点々を数えましたが、すぐに100匹超えたので、速効飽きました。

掃除機の中は虫だらけかと推察されます。
全くやりきれません。


サボ家、一応、こーんな感じ(↓)で厳戒警備中なんですがねぇ・・・。mado.jpg
注:見栄えより機能優先です。

まだまだ侵入経路を封鎖できてないようです。


つうか、どっから入っとんねん!!


それより何よりですねぇ、インドの家は一体どないなっとんねん!!!


ええ、今日は愚痴でございました。




つづきを表示

FROにて外国人登録

インドでは180日以上滞在しようとする人は、入国から14日以内に外国人登録をしなければいけません。

以下、2008年9月時点の就労ビザ保持者の場合の情報です。

(家族ビザで入国したときに、一度外国人登録をしていますが、
エージェント任せで、「出頭した」だけだったので、
そのときの必要書類等の情報は、全く覚えていません。悪しからず


申請場所
住居の住所がある地域のFRROまたはFRO
FRRO : Foreigners Regional Registration Officers
     デリー、ムンバイ、コルカタ、チェナイ、アムリトサルの5都市にある。
FRO : Foreigners Registration Officers
     上記5都市以外は、その地域の警察が登録事務を行っているらしい。
     イメージとしてはミニFRRO?

グルガオンのFROは、下記にあります。

Mini Secretariat(建物名), Shanti Nagar, Gurgaon
(正式な住所はウェブで調べても出てこない…)

Sohna RoadからNH8を超え、Railway Roadに進んで、1つめを左折。建物は右手にあります。
部屋は3階(日本式では4階)の312号室。結構混んでます。

受付は10:30~12:00
<09年5月訂正>
受付は10:00~17:00です。
お昼休みは無し、ただし、ランチ時は人手が少なくなるため、作業は遅くなるかも。


必要書類
1.申請書 4
2.パスポートサイズの写真 4
3.パスポートのコピー
4.ビザのコピー
5.外国人登録証のコピー(すでに登録済みのものがあれば)
6.雇用契約書(雇用条件記載のもの)のコピー
7.会社からの保証書(Undertaking) 原本
8.会社からの依頼書(Request Letter;誰々の外国人登録をして下さい) 原本
9.居住を証明するもののコピー

1、現地で入手できます。
 4枚必要ですが、1枚しかくれませんでした。コピーを取れとのこと。
 両面のため、両面コピーが必要なのかな?片面コピー×8枚で試す勇気はありません。
 サインさえ自筆であれば、記入後にコピーでもOKです。
9、賃貸契約書のコピー(私の名前記載なし)+携帯の請求書(名前&住所記載)で対応
入国から14日以内に申請しないと、罰金1400Rsがかかります。
必要書類参照 http://immigrationindia.nic.in/registration_requirements.htm


所要日数
1週間ぐらい?

FRO.jpg
グルガオンのFRO。 外観なんて立派なんでしょう…。

copy.jpg
裏手(道路を渡った所)にコピー屋さんがあります。1枚1ルピーなり。


※誤り・訂正・追加などあれば、コメントいただければ幸いです。

ビザの変更(就労→家族) in インド ~長い道のり~

仕事を辞めたので、ビザの変更が必要になりました。
やはりここは外国、日本のように簡単にヤーメタ!とはいきません
かなり、面倒でした。
今後、同じケースの方に参考になればと思い、備忘録として記録します。


まず、通常は、ビザの種類の変更は、インド国内ではできません。
(一度国外に出国し、在外インド大使館で新たなビザを取得することが必要です。)


とはいえ、仕事を辞めてもサボ太の海外赴任帯同としてインドに継続して住むわけで、
仕事を辞めたからといっていちいち日本(どこかの国)に帰ってられるか!というのが本音。
(飛行機代かかるし。)

MHAに聞いたら、私のケースの場合(家族ビザで入国し、就業し、再度家族ビザに戻る)、
出国せずにビザの変更ができました。(できそう、です。)
※MHA(Ministry of Home Affair; 内務省)はFRRO(外国人登録所)の上等機関。

①MHAでの手続き

必要書類
1. 本人のパスポートのコピー (原本の持参も必要です)
2. 本人のビザ(就業ビザ)のコピー
3. 夫のパスポートのコピー
4. 夫のビザのコピー
5. 英文結婚証明書(Certificate of Marriage) (コピー可) 
6. 雇用証明書(Certificate of Employment) (コピー可) 
  (○月○日から△月△日まで雇用しました。みたいな内容)
以上、各1枚

申請場所
MHA(Ministry of Home Affair)
住所: Jaisamer House, 26 MansinghRoad, New Delhi (Taj Mahal Hotel の近く)

注:ビザ業務を扱うセクションは本省とは別の場所です。

申請時間
10:00~12:00 (12時までに入ればOK)

申請方法
1. まず、入口右手の小さな小屋の中に入り、一番奥の机で番号札をもらう。
2. 番号が呼ばれたら、カウンターに行き、住所などを答え、緑色の入構証をもらう。

(これ、本人しかもらえません。インド国内でのビザ変更にかなり不安があった為、インド人についてきたもらったのですが、本人分しか発行されませんでした。『彼女は通訳が必要なんだ!』って主張してもらったにも関わらず『オーケ、大丈夫』で却下。これぞインド人得意の、根拠の無いノープロブレム。いや、プロブレムですから。結局、彼には数時間外で待っててもらうことに…)

3. 建物の1階(日本式2階)の受付のおばちゃんに申請用紙(2部)をもらい、必要事項記入。

(混んでます。列なんてないので、かなり積極的に手を伸ばし、割り込んで「マダーム!」と声かけないと順番抜かされまくります。声の小さい方はご注意。)

4. 申請用紙と、必要書類をおばちゃんに確認してもらう。
5. カウンターで呼ばれるのをひたすら待つ。 (暇です)
6. カウンターで面接(申請理由の確認等)&書類の確認。
7. 同日の17時に再度出頭。 (朝の入構証が必要なので、お忘れなく)
8. 番号が呼ばれ、封筒を受領する。
 
本日はここでおしまい。
後日、この封筒を自分の住所のFRRO/FRO(封筒に記載)に持参します。


②FRRO/FROで手続き

必要書類
1. 本人のパスポートのコピー (原本の持参も必要です)
2. 本人のビザ(就業ビザ)のコピー
3. 夫のパスポートのコピー
4. 夫のビザのコピー
5. 英文結婚証明書(Certificate of Marriage) (コピー可) 
6. パスポートサイズの写真 1枚
7. 申請書(現地で記入) 1枚
8. Residence Proof
9. Copy of Resignation
10. Copy of Acceptance by Company
11. MHAでもらった封筒(未開封のまま持参)

8、レジデンスプルーフは、私はアパートの契約書コピーを提出。
9、辞表のコピー? ナイ。 10もない、ということで、9&10の代わりとして、会社からの雇用証明書(Certificate of Employment)のコピーでOKしてもらいました。 辞表のコピーなんて取っておくものなの?

申請時間
10:30~12:00 (グルガオンFROの場合)

所要日数
2-3週間、と言われました。
(インドのことなので、3週間後に完了している確率はゼロに近いかと思いますが。)


以上、さらりと書きましたが、よろしければロングストーリーをどうぞ。↓↓

つづきを表示

ディワリがやってくる

もうすぐディワリがやってきます。
ディワリは別名光の祭典とも言われるヒンドゥ教の最大(=インド最大)のお祭り。

ダシャラの日にラーマ王子がラヴァナ魔王をやっつけたわけですが、
その英雄ラーマがインドに帰って来た日をお祝いする日であります。
日本人会HPにお祭りの由来や様子について、とても分かりやすくまとめてありましたので、ご参考にどうぞ。(→こちら


今、モールやマーケットはお世話になっている人へ贈るギフトを買い求める人たちで混雑中。
一般的なものとしてはナッツの詰め合わせや、クッキーの詰め合わせが多い様子。
さしずめ、日本のバレンタイン前のよう。
モールもスーパーもギフトボックスが山積みです。
少量の高級品というよりは、数で勝負な商品が多いみたい。
個人的なやり取りより、オフィスに配ったり、家族間のやり取りが多いからかな?
サリーを新調したり、色々物入りの時期だそうです。

ん?サボ家、なーんも買ってないぞ??

初ディワリなので、勝手がよく全く分かりません。
よって、大人しく過ごす予定。

今年は明後日、10月28日(火)。
日本のお正月のような感じで、帰省の時期でもあります。
団地内も、帰省組が結構いるようで、電気の消えているおうちも多いです。

ディワリの週は、会社もお休みのところが多く、サボ太の会社は、28日から3日間お休み。
でも急に聞いたもんだから(毎年直前に決まるらしい)、予定は無ッシング
日本人は、海外逃亡する方も多いみたい。
(で、出遅れたぜ・・・)

ドライバーくんもお休みなので、団地に缶詰です。ウヘ・・・。


ディワリは、光の祭典なので、電飾をしているおうちも多いです。
サボ家も控え目ながら、負けじとやってみました ↓↓

akari.jpg
にっくき蛾を引き寄せてるいう話もありますが・・・)


最大のお祭りだけあって、街中がなんだかソワソワした雰囲気です。
ということでサボ子もソワソワしてみました。

28日、何が起こるかちょっと楽しみです。


おっと、その前に・・・
ディワリのの前には大掃除が必要だそうです。(これもお正月と同じですね)

や、やりますよ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。