今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PUNJABI by nature

おいしいレストランに出会ったのでご紹介♪
私的感想になりますが、気ままに書き足していきたいと思います。

注: 
外食初心者の感想です。
  イマイチなのに美味しい!って評価しててもご勘弁を。逆もまた然り。
グルガオン中心になると思います。
個人的理由により、ビール事情によって評価が左右されることがあります。
   ビールがバカ高いと辛口評価になる可能性あります。悪しからず。
上記理由により、メニューの選択もビール目線になりがちです。
   従って、デザートの登場率は極めて稀です。
楽しければこそ、食事。
   あまりに清潔感のない店内、お粗末な店員はマイナス要因となります。
   味はもちろん、雰囲気、値段等、総合的に見て、また来たいかどうかが基準です。



PUNJABI by nature
 パンジャビ・バイ・ネイチャー
★★★★☆

実は、偶然、同じ日に2度利用。(デリー店とグルガオン店)

1度目は、コーヒーブレイクならぬビアブレイクで。
散策中にたまたま通りがかったデリー店。

注文はメニューの一番上にあったタンドリーブロッコリー 345Rs
期待せず食べたけど、う、ウマ!
けっこう辛いので、ビールのアテにぴったり。
絶妙ブレンドのスパイスをつけたブロッコリーを株ごと焼いてくれてます。
付け合わせに玉ねぎとピーマンのタンドリーも。
スパゲティでもなんでも茹で過ぎが多いインド。
でも、このブロッコリーの硬さは抜群~。

辛い!旨い!おかわり!
ビールも進む~。

2度目はその日の夜ごはん。
インド人の知人が連れて行ってくれたところが偶然、グルガオン店。
もちろん昼間にも行ったことは伏せて。
注文はその彼にお任せしたけどタンドリーブロッコリーとも再びご対面♪(名物なのか?)
やっぱり美味しい!
そしてここのバターチキンカレー、めっちゃウマです!!なんだこれ??

デリー店 バサントロックマーケット内。
映画館の角を越えて、ちょっと進んだ左側にあります。

グルガオン店 Cyber Greens, Infinity Tower C(一番奥)の1階にあります。
(Microsoftが入ってるビルの向いのビル群)
日曜日は結構ガラガラでしたが、オフィスばっかりな場所なので、平日は混みそうです。
落ち着いて食事したいときは日曜がいいかも。

ブロッコリーはデリー店の方が硬めで美味しかったかな。単なる運?味はどっちもGOOD!
クルフィ(アイス)は一緒に付いてくるそうめんみたいな甘い麺がかなり微妙。
クルフィ自体も個人的には15Rsで売ってるやつの方が素朴で好み。
どっちも初めに薄いインド風塩煎餅が出てきますが、両店ともちょっと湿気てました。
あとで出てくる料理は美味しいので、塩煎餅は食べ過ぎない方が賢明です

お店の雰囲気はどっちも素敵です。
http://www.punjabibynature.in/

 ←ポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ 

メイドちゃん?

また、やられました。
また、天井からお湯が降りました。突然。 (→前回の事件

ちなみに、前回と今回の原因は同じではありません。
前回: バルブの不具合。(要は欠陥品だそう by管理事務所)
今回: パイプの接続不良。(要は手抜き工事 byサボ太)

一体なんなのさ!!!!

またもや水浸し

でも、5分後には 『家にいる時間帯でよかったね』 なんて会話が。。。
こうやって感覚が麻痺していくんだろうな・・・。


---
さて、着なくなった服をどうしたもんかと思って会社の人に聞いたところ、
答えは決まって、『メイドにあげれば?』 でした。


メイドはいないって言うと、一様に『信じられない!』という反応。

そう、ほんとにインドはメイドを雇うのが常識になってるようです。
服のことはそっちのけで、メイドを雇うべきだ、と激しく熱弁されました。
はぁ・・・。

留守中に誰かがいるのが嫌だっていうと、短時間だけ雇えばいい、と。

『朝7時に来てもらって、家をでる8時半まで雇えばノープロブレム。
朝食作って、掃除して、洗濯して、それで月1000ルピー(≒2500円)。
安いだろ?インドはそれがアドバンテージだ。それを享受すべきだ!』云々
(※グルガオンはデリーより相場がちょっと安いそうです)

『お弁当も頼めばいいし、お弁当に毎食40Rs払うのと同じぐらいの金額だ。』  
た、たしかに。
『日本食も教えれば作ってくれる。』  
ふーん。
『アイロンも頼んでもいい。夕食の洗い物だって頼めばいい。』 
は、はい。1時間半で全部するってスーパー主婦やん。

確かに、同じフロアのお家には全員メイドがいます。
団地内では犬の散歩をしてるメイドも多いし、子守のメイドもよく見かける。
ベランダを掃除してるのもメイド。
屋台に野菜を買いに来るものメイドが多いし、スーパーでかご持ちをしてるメイドもよく見る。

メイドって、なぜか身なりや表情とか雰囲気で分かります。
なんでしょうね。。


大学生にもメイドを雇えば?って言われたことがあります。
大学生よ、アンタ、収入ないじゃん。
って思ったけどインドでは愚問みたいです。 (もちろん聞いてないですが)

以前、サボ太の同僚の家にお邪魔した時もメイドがいました。
彼の収入は、たぶん一般的サラリーマン程度(月額2-3万ルピー)。 (1ルピー≒2.5円)
それでもメイドがいるということにちょっとビックリ。(住み込みで雇うと4-5千ルピー)

奥さんが働いてない家にもメイドがいます。
共働きかどうかも問題ではないらしい。

働く場を提供する、ということも理由のひとつなんだろうか。
メイドを雇う=ステイタス だったりするんだろうか。
なんでこんなに一般的なのか、よく分かりません。

メイドを雇うことに対して、別に後ろめたさがあるわけではない。
ただ、慣れなくて多少の違和感があるのは確か。
手が回らないわけじゃないし。今日の水浸しのときとかはいてくれたら助かるけど。
いい関係を維持できるメイドちゃんを探すのも大変そうだし。
全部の引き出しに鍵かけるのも億劫だし。

でも、アドバンテージを享受しろ、というのももっともな話。
『家事をメイドに任せて、その時間をほかのことに使え』

うーーん。そう言われるとなぁー。


で、結局、いらない服はどうすればいいんだっけ??
メイド話で終始してしまいました・・・。新興宗教の勧誘みたいに圧倒され通し。


 ←ポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ←こちらも~


車はやはり素晴らしい

米ワーナーがインドの映画会社を訴えたそうですね。(→リンク

タイトルが『ハリ・プッター』が、『ハリー・ポッター』に似ていると。

プッターって
当事者たちは真剣なんだろうけど、ちょっとプププなニュースです。
あっぱれ!インド人のセンス

毎日こんな平和なニュースばかりだといいですねぇー。
9月12日公開予定。要チェックだわ。

========

さて、いつもはオフィスまで定時に車で迎えにきてもらうのですが、
なんと、今日は車が来れないとのこと。(我が家のじゃないので)
しかも帰ろうとしたときに連絡あり。

まじすか。
どうする?!私。

実は、リクシャ未体験。のほほんなインド生活を送っておりました。
いきなり初体験か??
でも会社は中心地じゃないので、リクシャもあまりいない。
第一チャリなんで時間がかかってしゃあない。


困った時のインド人頼み。
『どうやって帰ればいい?』 ってかなり幼稚な質問を。

定時過ぎの、なめた質問にも関わらず、色々電話かけてくれて調べてくれました。
インド人、優しいねぇ。
タクシーだと家まで300ルピー程度(≒750円)ということが判明。(同僚曰く、高い!とのこと)
それ以前に、300ルピー持ってないし。。。 (ランチ代は40ルピーなもんで)

乗合いタクシーって手段もあるけど、乗り継いだりしなきゃいけないし、
しかも軽より小さい車に12人位乗ってるやつ。(何人乗ってるか、不明)
運転席の列に3-4人、
車内に向かい合わせに8人、
で、さらに後ろ向いて4人。  (写真がないのが超残念!)

無理無理無理無理。


ピーンチ!


でも幸運なことに、近所の人(同僚の同僚の同僚)が見つかり、快く送ってもらえることに。
優しいなぁーー♪ありがとう!!


でも、オートバイ。
ノーヘル。
しかもスカート。


インド人に習って横向きの二人乗り、初めて経験しましたよー。
おっそろし。

でも車に乗ってると気付かないものも沢山あって良い経験になりました。


砂埃のすごさ、とか。 (口の中ジャリジャリ)

道のひどさ、とか。 (ほんとにボッコボコ!)

牛のフンのにおい、とか。 (ノーコメント)


『Camel ride(ラクダ乗り)みたいでしょー』って呑気に言ってたけど、いや、しゃれならんって。


後ろにコケないようにバランス取ってたら、腹筋が死ぬほど疲れました。
毎日これだとシックスパックも夢じゃないかも?

(もう乗らないけどね~)

 ←ポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ←こちらも~

おふくろの味、チキンビリヤニ

暑いです。
ほんとにあっついです。
モンスーンは終わったようです。
セカンドサマーと言うらしいです。

酷暑と言われる4,5月は、十年ぶりぐらいの冷夏だったらしく、
インド=めちゃ暑いで~と脅かされていたサボ子は、
なんだ、こんなもんか。なんて正直思ってたわけであります。
(ほとんどクーラーで過ごしましたけど)
で、モンスーンが来て、それはそれで嫌な季節だけど、涼しいから結構快適な訳で。

その季節がどうやら先週には終ったらしく、それから雨は一滴も降らず。
湿気だけはモンスーンのまま、みたいな天気が続いてます。
一度涼しさに慣れてしまった体は、全身でこの暑さを拒否してるらしく、
気温は4.5月よりも低いのに、暑いと思う回数は確実に上でございます。
今までは天井のファンだけで寝れたけど、今はクーラーがないと就寝不可能です。

あぢい~~。

=====
さて、土曜日の夜はインド人のご家庭にお邪魔してきました♪

  余談ですが、エアコンが壊れたそうで、結構暑かったです
  インド人である彼が修理屋に連絡しても、『明日修理に行く』×10日間だそうで。
  なーんだ、外国人だけ苦労してるわけじゃないのねっと思ってしまったサボ子でした。

『うちの嫁のチキンビリヤニ、最高やから是非おいで~』とのことでご招待を頂いた晩御飯。
そんなこと言ってもらえるなんて嫁冥利だわ。

いや、でも食べて納得。めちゃくちゃ美味しい~

チキンビリヤニは骨付きチキンが入った炊き込みご飯みたいなもの。
他にもチキンのタンドリ風のとか、卵を包んだケバブとか、どれもこれも美味しかったです
奥様のお母様の味というレシピを頂いてきたので、美味しくできたらいつかUPします。
次から次へと勧めてくれるので、調子のっていつものごとく食べ過ぎました。
ワタクシ、インド料理はもともと大好き。
ほんとインドでよかったです。


このおうち、7歳と5歳の男の子がいたんですが、教科書を見せてもらってびっくり。
えー、ちなみに、7歳=3年生、5歳=1年生です。
家ではヒンディー語なので、英語は言わば第二言語。
でも、日本の小学校1年生の国語の教科書に載ってるような文章が全部英語で記載。
『朝何時に起きますか?』 『7時に起きます』 みたいな、文法の反復練習もばっちり。

ありゃまぁ・・・

そりゃ、英語しゃべれるようになりますわ。
数学もすごいんだとか。
兄弟で遊んでるのを見ると、やんちゃな子供なのに、頭の中はすごいのね。
旦那様は、僕らのときはこんな高度な内容じゃなかったって言ってたけど。

プレスクールには2歳半から行ってたとか。
幼児教育の是非についてはよく分かりませんが、
インドでは英語が話せることはある程度の生活ができることの保障になるので、
それを身にしみて知ってる親たちが英語を身につけさせたいという思いは必死だと思います。

英語で出版される本がとても多いのはちょっと残念な気はしますが。
(ヒンディ語以外の言語も相当あることを考えれば仕方ないのかな・・?)

それにしてもこんな子たちが大量に就業人口になる10年後、20年後、
すごい可能性秘めてますね~コワイ。


 ←ポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ←こちらも~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。