今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは無かったことに

こんにちは。
この1週間で増えた2キロを無かったことにしたいです。サボ子です。

***

とあるスーパーで。

レジで支払いを済ませたサボ子。
商品を入れてもらった袋も受け取った。(インドではスタッフが袋詰めしてくれます)
が、ふとレジの奥を見ると、買ったはずのチーズが除けて置いてあることに気がついた。
あ、あれは・・・さっきバーコードの読み取りで手間取ってたチーズ?!


サボ子 『 それなーに? 』 
レジ男 『 えーと、これはシステムに入ってないんです。 』

え、何? だから、何?

サボ子 『 それ欲しいんだけど。』
レジ男 『 YOU WANT? 』

「欲しいの?」って、アータ。
明らかですやん?
欲しいからカゴに入れたんですけど。


どうやらバーコードで読めなかったので、チーズは無かったことにされたらしい。
勝手に

アブねーー。
チーズが目的の買い物だったのに、再び買いに戻るところだったわ。
結局手打ちで入力してもらい、別会計で払ってチーズGET。
ふー。

バーコードで読めなかったってことは仕方ないさ。
しかし、レジ男よ。お願いだからそれを客に伝えてくれーー!
読み込めないからって、勝手に商品を抜くなっつうの。

スポンサーサイト

インディア・スタンダード

先日、お友達とレストランにて。


店員に 『どこの国から来ましたか?英語の発音がきれいですね。』って言われた。

サボ子たち、調子に乗って、『 オ~ゥ、セ~ンキュウ♪ 』 なーんて答えたんだけど・・・


続けざまに 『 まるでインド人みたいです 』 って言われた。


えっ??

イヤイヤイヤイヤ…

それ、褒め言葉じゃないから!
一瞬でも喜んだ私がバカでした。



インド人の発音に似てますか・・・
そうですか・・・

とてもショックです、サボ子


それにしても、 “インド人みたいに発音がきれい” て。
どうやったらそういう発想になるワケ?!

ダブルショック。

適当アンサー

今日も駄ネタで失礼いたします。

先日、八百屋さんで見たことのない野菜(?)を発見。

これ↓ レモン大ぐらいの大きさ。
veg1.jpg


サボ子 『これ、何?』
インド人 『セイム』

セイム・・・? Same・・・? 同じ・・・?

セイムと言いながら彼の指さしたところには・・・









veg2.jpg


いや、全然ちゃうやん!

傍若無人の適当っぷり。そんな適当さ、結構好きですケド。
思わず1つお買いあげ。


====

でも、切ってみたら、少なくともゴーヤと同類ではあるらしい断面でした。
適当アンサーにもそれなりの流儀があるらしい。
ワタも実もビックリな硬さだったけど。

veg3.jpg


同じ、と言うインド人の言葉に従い、ゴーヤと同じ調理法で実験してみました。
ただし、見分けはつくようにして。


ゴーヤの佃煮 +α ↓
veg4.jpg

お味??
ひとかじりで止めました。(苦くはないです)
経験からいくと、恐る恐る食べるものにはロクなものがありません。

サボ太??
予想通り、ひとかじりもしませんでした。

ちぇっ、やはり実験があからさま過ぎましたね。
次回、別の実験の際にはみじん切りにしたいと思います。


(これの正しい食し方、ご存じの方いらっしゃれば教えてください

予想外ダイアローグ

どこで番号を手に入れるのか、見知らぬインド人から結構電話がかかってきます。
今日はそんなインド人との“駄”イアローグ。

==== ①

インド人 『ハロー。 ○△※□☆・・・ (ヒンディ語)』
サボ子 『アングレージー ボーリエー (英語で話して下さい)』
インド人 『OK、マダム。 △▽※$☆○・・・ (ヒンディ語)』

だーかーら、そこだけ英語でも意味ないの!


==== ②

インド人 『ハロー、サボ子さんですか?』
サボ子 『はい、何か?』
インド人 『保険のご案内なんですけど、うんたらかんたら・・・』
サボ子 『必要ないので結構です。』  
インド人 『でも僕はお話したいんです。

あら残念、『私は話したくないです』 


==== ③

再び営業電話。
インド人 『保険のご案内ですけど、うんたらかんたら・・・』
サボ子 『あ、ごめんなさい。時間ないので。』    (今度は「時間がない」で勝負)
インド人 『でも僕は時間ありますよ

ええーーー! 聞き間違い?


==== ④

インド人 『ハロー?サボ子さんですか?』
サボ子 『そうですけど、用件は何ですか?』
インド人 『英会話の勉強をしたいんです。

はぁ?!その相手をしろってか?

※これ、上記の保険会社からの電話かと思われます。
 私用電話をするな。


==== ⑤

Ring Ring...
サボ子 『ハロー?』
インド人 『ハロー、あなたのお名前は何ですか?

・・・いや、お前は誰やねん。

※これも何かの営業電話でした。
 まず、名乗れ。それから、相手の名前も知らずに電話するな。


==== 

未だに時々宇宙人です、インド人。
インド人カテゴリー作ってみました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。