今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族ビザの取得 in 日本

そろそろインドへ戻る準備をせねば。
チイサボのパスポートを作って、ビザを申請して。
なにかと面倒な手続き関連のメモ。
チイサボのパスポート取得については省きます。
が、ひとこと言わせてください。

乳児の証明写真を撮るのは大変!!!

おかげでチイサボのパスポート写真は… 

ごめんよ、チイサボ。母さんの頑張りが足りなかったよ。5年間、これで我慢しておくれ。

+++

家族ビザ取得について。
現住所によって大使館(東京)の管轄と総領事館(大阪)の管轄に分かれてます。
そして各々ビザ申請センターが申請業務を代行しています。
最近まで大阪は領事館でやってたんだけど。

インドビザ申請センター東京 03-5978-3910
http://www.indianvisaatjapan.co.jp/index_jp.html
インドビザ申請センター大阪 06-6271-5488
http://www.ivacosaka.com/index_jp.html

大阪のビザ申請センターに電話して、必要書類を聞くと。

大阪の必要書類
1.夫のパスポートのコピー
2.夫のビザのコピー
3.夫の雇用契約書(原本)
4.会社からのインビテーションレター
5.会社からのリコメンデーションレター
6.申請者(妻)の戸籍謄本(原本)
7. 6.の英訳
8.夫の経歴書
9.インド準備銀行(RBI)からの承認書orインドの会社登記証明書(COI)のコピー

※上記プラス、本人パスポート、写真、申請書、手数料1,935円
※3.& 6.については、原本の返却が必要であれば、コピーも添付。(原本の提出は必須)


え・・・。必要書類、多くないですか?
雇用契約書の原本なんて、必要?夫のビザを提出するのに?

ちなみに、東京(大使館管轄)申請での必要書類は、

東京の必要書類
1.夫のパスポートのコピー
2.夫のビザのコピー
3.日本の会社からのリコメンデーションレター
4.夫の外国人登録証のコピー

だけ。
東京では必要なくても、大阪では必要なんだってさ。変なの。


書類を用意するのが大変だという方は、大阪管轄下に在住でも東京に郵送申請が可能です。
500円の手数料がいるけど。

もちろん、サボ子は500円払って東京に申請。
過去にインドビザを取得してたからなのか、追加の質問用紙が送られてきたけど、
ちゃんと案内にある通りの15日以内に無事に取れました~♪

…って、嬉しいんだか、嬉しくないんだか。

スポンサーサイト

再び、ビザ更新

ビザの更新にFRO(役所)に行ってきました。
相変わらず、暗いし、汚いし、人多いし、近づきたくない場所。

必要書類等は去年と同じでした。
手続き等の詳細は、去年の記録をどうぞ。 → 家族ビザ延長

本来は、ビザが切れる60日前までにFROに行かなければいけないんだけど、
去年、過ぎててもOKだったので、今年も過ぎてしまいました・・・。
(だんだん神経太くなっていくわ~)

サボ子のビザが切れるのは、5月中旬。
サボ太のビザが切れるのは、その2週間ほど前。
去年、サボ子だけインドで更新したので、微妙な差が開いてしまってます。

サボ太のビザ有効期限以上に延長可能なのか?と疑問はありましたが、
申請は問題なく受け付けてもらえました。

ただし、サボ子のビザを実際に更新する際に、サボ太の新しいビザのコピーが必要とのこと。
(去年はそんな条件なかったけどな~)
幸い、今年もサボ太は日本で更新予定で、しかもサボ子の有効期限が切れる前にインドに戻ってくるので、その条件はクリアできそうです。ホッ。
もし間に合わなければサボ子も日本でビザ更新になるところでした・・・
日本に帰れるのは嬉しいけど、それも面倒なのよね~ 必ず散財するし
しかも桜の時期も終わってしまってて、GWの混雑の最中って魅力的じゃないわ。。

家族ビザの延長は割と簡単だけど、雇用関係のビザは厳しいので(最近特に)、
サボ太は順当に日本で更新です。

====

さて、FROでの申請を終えて1週間目の昨日、ポリスマンが居住確認にやって来ました。
毎度の抜き打ち訪問です。

今回は私服のポリスマン。
裸足にサンダル履き。
スリッパを用意する間もなくズンズン入ってしまったので、
見事な足跡を床に残していってくれました。真っ黒・・・
お願いだから、行きと帰りと違うところを歩かないで~!!

英語はかなり微妙。
ヒンディ分からないって言ってるのに、しつこくヒンディ語。
単語で会話するしかないんだけど、脈絡もなく、発音もな単語だけが出てくるのってツライ。
『プレンペジ、プレンペジ』と何度も繰り返されて、
や~っと、“Plain Page=白紙??”が欲しいのね、って分かる感じ。
もう何を言ってもヒンディ語にしか聞こえません~(><)

お互いの努力のもと、いくつかの質問タイム。
何年住んでるのか?とか、賃貸か?とか、ハズバンドの会社の場所は?とか。
で、どさくさに紛れて、『ハズバンドのサラリーは?』と。
インド人、そういう話、好きよね~
『知らない』って答えでOKだったところをみると、それは完全にアンタの個人的興味でしょー

そして、相変わらず態度はMAX。
うちのソファにでーんと座ったまま、居住証明にサインしてくれる人を2名呼んで来い、と。
いやいや、いくらなんでもアナタ1人を誰もいない家においておけませんって。

結局、必要書類(※)を渡したあと、一緒にご近所さん回り。(当たり前)
(※これ、毎回違うので厄介。今回は、パスポートコピーと賃貸契約書のコピーでした。)

優しいご近所さん達がご在宅だったので、スムーズに居住確認終了しました♪
ちなみに今回は賄賂の要求はありませんでした~

あとは、サボ太が日本でNewビザを入手してくるのを待って、
再度FROに出頭すれば、まずは3ヶ月間、無事に延長される予定です。
次回は普通に日本で更新して、一度きれいにリセットしようと思いま~す。
(手書きの訂正延長が増えすぎて色々と面倒になってきました。。)

家族ビザ延長

再び、手続き関連の覚書を。

今までのビザ関連の話はこちら↓

その1 就労ビザの取り方編 (in 日本)
その2 就労ビザ保持者の外国人登録編 (in グルガオン) &グルガオンFRO情報
その3 就労→家族ビザへの変更と、それに伴う外国人登録編 (in インド) &MHA情報
その4 番外編 ポリスマンが所在確認にやって来る
その5 ビザの変更完結編


今回は、家族ビザの延長編 (in インド) です。
相変わらずインドの事務手続きは疲れますが、大分慣れてきました♪ (別に嬉しくないけど…)

===

サボ子の家族ビザの有効期限=サボ太の就労ビザの有効期限です。
旦那さまが働いているから嫁がインドに滞在できるって訳です。
サボ太のビザの期限が迫ってる~ってことで、延長(更新)手続きしました。

ちなみに、サボ太のビザは日本で更新。
理由は、日本だと何の問題なく1日で更新できるから。
一時帰国予定があって、東京にアクセスが良い方は断然日本での更新がお勧めです。。
サボ子は出張予定なんてないので、インドでビザの更新

さて、サボ太がNewビザを手に入れるのは、ビザが切れる10日前。
ギリギリ10日前に延長してくれ~って申請するのは(インドでは)危険すぎる気がしたので、
1ヶ月前ぐらいにFRO(外国人登録所)に行ってみた。

事情を説明し、10日前じゃないと手続きできないって伝えたら、
なんのことはない、旦那さまのビザは必要ないってさ。
ん?そうなの?

ま、いっか。
手続きできるなら、サッサとしちゃいましょ。


取得の流れはこれまでと同じです。

①FROに申請用紙をもらいに行く&そのときに必要書類を聞く
②書類をそろえてFROに提出
③ポリスマンが抜き打ちで所在確認に来る
④ポリスマン訪問後、FROに出頭し、手続完了

必要書類  (2009年5月時点)
1.申請書  4枚
2.パスポートサイズの写真  4枚
3.パスポートのコピー  4枚
4.ビザのコピー  4枚
5.本人の外国人登録証のコピー  4枚
6.配偶者(就労ビザ保持者)の外国人登録証のコピー  4枚
7.居住を証明するもののコピー  1枚
8.手数料 390ルピー

1、FROで入手。(所持ビザによって何種類かある)
 サインさえ自筆であれば、記入後にコピーでもOK。
7、賃貸契約書のコピー(私の名前記載なし)+携帯の請求書(名前&住所記載)で対応
FROの受付は10:00~17:00


書類を提出後、今回もポリスマンがいつものように家にやって来た。
突然の訪問は、朝8時前。 早っ!! (サボ家就寝中)
そして、英語が全く通じず。
持ってきた書類も全てヒンディ語。
サインしろって言ってるみたいだけど、そんなもん、サイン出来るわけないっつーの。
サボ太の会社に電話したいらしいけど、朝8時に出社してる人なんていないし。
『それはサボ太の携帯番号だ』って手振り身振りで伝えてるのに、
目の前にいるサボ太に電話かけるし。。 (コント?)
朝っぱらから近所の人に素行確認に協力してもらうのとか迷惑だし。
結局、丁重にお引き取りいただいた。

以前来たポリスマンは、多少強引ではあったけど、英語通じるし、
しゃべりで、お調子者で、今考えると愛すべきポリスマンだったなー。
それに比べ、今回のポリスマンは・・・ったく。

その日、ヤツ(ポリ公)がサボ太の会社に突然やって来たらしい。
インド人の同僚に対応をお願いしてたんだけど、このポリ、なんと賄賂を要求。
サボ子、なーんも悪いことしてませんけど?善良なる市民ですけど?
がしかし、信頼おける同僚が払った方が良いと言うので払いましたとさ、1000ルピー

ちっくしょーー。

1000ルピー(≒2000円)って、物価で説明するのは難しいけど、賄賂にしてはめっちゃ高額。
ポリスマンの給与がいくらか知らんが、日本円的に1万円の価値はあると思うけど。
この腐った役人社会、なんとかしろーー

その後、ヤツはサボ太の同僚を連れて再び我が家に登場。
(同僚くんがいると、話が早いわ~)
サボ子、この時は賄賂が渡ってるなんて知らないもんだから、愛想振りまいちゃったわよ

サボ子の愛想のおかげで 同僚くんのサポートおかげでポリによる所在確認、平穏に終了。
ポリの訪問から1週間ぐらいして(ポリ→FROの手続きを待つ)再びFROに行き、
ビザの更新&外国人登録の更新が無事終了しました。
(と言っても、手書きで追記されるだけ・・・)
ふぅ~

※さっき外国人登録証を見たら、「延長手続きは60日前まで」って記載がありました。
 余裕で過ぎてました・・・が、問題なしでした。

※この方法で延長できるのは、1年ではなく3ヶ月です。
 3ヶ月が過ぎる1日前には再びFROに出頭が必要です。
 その際に、残りの9ヶ月が更新され、晴れて1年分の更新となります。 (面倒~!!)

===

サボ太は日本でビザを更新しましたが、インドにて外国人登録の更新も必要です。

≪メモ≫ 就労ビザ更新後の外国人登録

必要書類
1.申請書  4枚
2.パスポートサイズの写真  4枚
3.パスポートのコピー  1枚
4.ビザのコピー  1枚
5.雇用契約書のコピー 1枚
6.Income Tax Letter 1枚
7.Form 16  1枚  (インドに納税したという証明書)
8.雇用先発行のUndertaking  1枚 
9.雇用先からのRequest Letter 1枚 
10.居住を証明するもののコピー  1枚

1、FROで入手。(所持ビザによって何種類かある)
10、アパートの賃貸契約書で対応
入国から14日以内に申請しないと、罰金1400Rsがかかります。
ビザの更新ではないので、所在確認のためのポリスマン訪問はありません。

ビザの変更 ~完結編~

もう、師走ですねぇ。
いつもとは違ったウキウキな師走です。

な・ぜ・な・ら、もうすぐ日本に一時帰国だ・か・ら~♪♪

嬉しい、嬉しい、嬉し~い! 
(いや、決してインドが嫌いな訳ではないんですが。)


 あ~、再来週の今頃は~、サボ子は風呂の中~   (あ、字余りっス)


さてと、その前にビザの変更にケリをつけなければ。。
年明けを機に転職も検討してましたが、なんと、専業主婦にドップリ浸かりつつあります。汗
色々楽しいこともございますね。( ´艸`)
ということで、しばらくはインドだからこそできる専業主婦を楽しみたいと思います。ウフ。


と、気持ちが固まったところで、ついに、家族ビザが取れました~♪
(ビザ変更の過去ログ→ その①その②


FROのオフィサーに電話すること数回。
『今日、取りに行ってもいいか?』の質問に、ようやく 『OK』の返事をもらい、すぐさまFROへ。
ポリスマンにあと1週間と言われてから、2週間ちょい。 ま、優秀なほうですかね。

現在と同じ、透かしが入った立派なビザを作成してるから時間がかかるんだと思っていたら、
何のことはない、隣のページに、『ビザの種類が変わりました。云々かんぬん。』と手書きで訂正、その上にスタンプでおしまい。外国人登録も然り。

都合2ヶ月半も待って、手書き訂正かよー!
あの~、アタシ、何を待っていたんでしょうかぁ…?

(もしかして、FROに押しかけていれば、もっと早く手続き終わったのかも?)


Q: 『持参するは?』 
A: 『パスポート原本、外国人登録証原本』

と言われたので、素直にそれだけ持っていくと、費用240ルピー(≒480円)なり~・・・


あ? 手持ちの現金足りましぇ~ん(><) 確かに、費用のこと聞かなかったけどさぁ…。

(解説:ATMが少なく、食費が安いので、手持ちが極端に少ないこともままあります。
    デビットカードも意外と普及してるので、お財布に500円無くても割と平気な私。)


できるだけ近寄りたくないインドのお役所ですが、あえなく、再出頭決定…。

パスポートも外国人登録も返してもらったから、費用払わなくてもOKだったんだろうけど、
「日本人たるもの」を背負ってる気がして、翌日には出頭。

めでたく、ビザ変更完了となりました~♪♪



ちなみに、ビザの有効期間は、サボ太の就労ビザの期限まで。
当たり前と言えば当たり前だけど、有効期間が短くなってしまったのはチト悲しい。


会社を退職したところで、退職の事実は(再)入国審査の時に分からないはずなので、
そもそも就労から家族ビザに律儀に変更し直す必要があったかどうかは不明。
(前職の総務からも、変更しなくて良いんじゃない?って言われたし 笑)


しかし。

外国において、『正しく身元を保証するものがある』 という安心感はとても大きい。

たとえそれが手書きであってもね♪

ポリスマン登場

インド国内でのビザ変更(延長)手続きの続編です。 (→第1話

FROに行ってから3週間が経ったので、昨日、『まだか?』とオフィサーに電話してみた。
(※FROのオフィスはつながらないので、オフィサーの携帯を教えてもらうべし)


すると、なんと今日夕方、突然ポリスマンが家にやって来た。

(え?何?)

街角でよく見かけるアーミー風の制服にベレー帽の正真正銘ポリスマン。
こんなに間近でお目にかかるとはね。ビシッと決まってます


居住を確認するだけかと思ったら、家に上がる気マンマンらしい。

(あ、ど、どーぞ。)


ソファにどっかと座り、『たばこ吸ってもいいか?』

(あ、ど、どーぞ。)


お水がないので、『甘くないけど中国茶(麦茶)飲む?』って聞いたら、
『え?甘い物(=お菓子)あるの?』って言われた。

(あ、聞き方がまずかったね。甘い物、ノンベジだけど日本のおまんじゅうあるよ。)


『あったかい紅茶飲む?』

(あ、はい、コーヒーがいいのね。)


いかーん。完全にポリスマンのペース
なんだよ。昨日電話するまで何の音沙汰もなかったのに。
しかも来るなら、ポリスマンが確認に行くよって教えてよ。
電話した次の日に動きがあるって、早すぎてびっくりするではないか。


ポリスマンの息子さんたちの話が主で(トホホ…)、ほんのちょっとの書類確認の後、
誰か近所の人を呼んで来いと言うので、お向いさん(来客中)にお願いして来てもらった。
日頃の行動に問題なしってことの証人が必要らしい。
Exellent&Noble ですってよ。オホホ。


来客中なのにごめんね・・・って申し訳なく思ってたら、
そのお向いさんの職場と自宅が近いらしく、勝手におしゃべりに花が咲いてました。


な、何だよ、インド人。。。

つうか、素行確認だけなのに、なんでお向いさんの仕事の話を始める??
しかも、お向いさん、なんでその話にアンタも乗る?


ヨイショのつもりで 『1軒1軒回るの、大変ですね』 って言ったら
『そうなんだよー』 って、さも大変そうに言ってたけど、
そのおしゃべりがなければすぐ終わると思うんですけどねぇー。
結局1時間近くいましたよ


帰り際、靴べらを差し出すと、いたくお気に召された様子。
『もう1個ある?』 って聞かれました (ないよ。)
靴べらってインドにないのかなぁ?

もはや検問の怖そうなポリスマンのイメージは消え、ただの話好きな近所のおっさんなので、
あげてもいいかな、と一瞬思ったけど、ぐっと我慢。

最後までポリスマンのペースにやられっぱなしは、さすがに、いかーーん



<おまけ>
↓ポリスマンのたばこ。葉っぱを糸で巻いてます。感激したので撮ってみた。
cigar.jpg

↓サボ太の同僚にもらったお気に入りの灰皿。(なんか、素敵♪)
ash tray
(喫煙者じゃないはずのサボ太殿、なぜ、灰皿をもらうかは追及しないでおきます 笑)


-------
ようやく、新ビザ取得が見えてきました。
で、いつもらえるかと言うと、今日からさらに1,2週間後とのこと
ポリスマンがFROに書類を送り、それをMHAに送り、さらにFROに戻すと。1週間は無理だな。


続編なしの予定でしたが、さらに続編に続くようです。。

ビザの変更(就労→家族) in インド ~長い道のり~

仕事を辞めたので、ビザの変更が必要になりました。
やはりここは外国、日本のように簡単にヤーメタ!とはいきません
かなり、面倒でした。
今後、同じケースの方に参考になればと思い、備忘録として記録します。


まず、通常は、ビザの種類の変更は、インド国内ではできません。
(一度国外に出国し、在外インド大使館で新たなビザを取得することが必要です。)


とはいえ、仕事を辞めてもサボ太の海外赴任帯同としてインドに継続して住むわけで、
仕事を辞めたからといっていちいち日本(どこかの国)に帰ってられるか!というのが本音。
(飛行機代かかるし。)

MHAに聞いたら、私のケースの場合(家族ビザで入国し、就業し、再度家族ビザに戻る)、
出国せずにビザの変更ができました。(できそう、です。)
※MHA(Ministry of Home Affair; 内務省)はFRRO(外国人登録所)の上等機関。

①MHAでの手続き

必要書類
1. 本人のパスポートのコピー (原本の持参も必要です)
2. 本人のビザ(就業ビザ)のコピー
3. 夫のパスポートのコピー
4. 夫のビザのコピー
5. 英文結婚証明書(Certificate of Marriage) (コピー可) 
6. 雇用証明書(Certificate of Employment) (コピー可) 
  (○月○日から△月△日まで雇用しました。みたいな内容)
以上、各1枚

申請場所
MHA(Ministry of Home Affair)
住所: Jaisamer House, 26 MansinghRoad, New Delhi (Taj Mahal Hotel の近く)

注:ビザ業務を扱うセクションは本省とは別の場所です。

申請時間
10:00~12:00 (12時までに入ればOK)

申請方法
1. まず、入口右手の小さな小屋の中に入り、一番奥の机で番号札をもらう。
2. 番号が呼ばれたら、カウンターに行き、住所などを答え、緑色の入構証をもらう。

(これ、本人しかもらえません。インド国内でのビザ変更にかなり不安があった為、インド人についてきたもらったのですが、本人分しか発行されませんでした。『彼女は通訳が必要なんだ!』って主張してもらったにも関わらず『オーケ、大丈夫』で却下。これぞインド人得意の、根拠の無いノープロブレム。いや、プロブレムですから。結局、彼には数時間外で待っててもらうことに…)

3. 建物の1階(日本式2階)の受付のおばちゃんに申請用紙(2部)をもらい、必要事項記入。

(混んでます。列なんてないので、かなり積極的に手を伸ばし、割り込んで「マダーム!」と声かけないと順番抜かされまくります。声の小さい方はご注意。)

4. 申請用紙と、必要書類をおばちゃんに確認してもらう。
5. カウンターで呼ばれるのをひたすら待つ。 (暇です)
6. カウンターで面接(申請理由の確認等)&書類の確認。
7. 同日の17時に再度出頭。 (朝の入構証が必要なので、お忘れなく)
8. 番号が呼ばれ、封筒を受領する。
 
本日はここでおしまい。
後日、この封筒を自分の住所のFRRO/FRO(封筒に記載)に持参します。


②FRRO/FROで手続き

必要書類
1. 本人のパスポートのコピー (原本の持参も必要です)
2. 本人のビザ(就業ビザ)のコピー
3. 夫のパスポートのコピー
4. 夫のビザのコピー
5. 英文結婚証明書(Certificate of Marriage) (コピー可) 
6. パスポートサイズの写真 1枚
7. 申請書(現地で記入) 1枚
8. Residence Proof
9. Copy of Resignation
10. Copy of Acceptance by Company
11. MHAでもらった封筒(未開封のまま持参)

8、レジデンスプルーフは、私はアパートの契約書コピーを提出。
9、辞表のコピー? ナイ。 10もない、ということで、9&10の代わりとして、会社からの雇用証明書(Certificate of Employment)のコピーでOKしてもらいました。 辞表のコピーなんて取っておくものなの?

申請時間
10:30~12:00 (グルガオンFROの場合)

所要日数
2-3週間、と言われました。
(インドのことなので、3週間後に完了している確率はゼロに近いかと思いますが。)


以上、さらりと書きましたが、よろしければロングストーリーをどうぞ。↓↓

つづきを表示

FROにて外国人登録

インドでは180日以上滞在しようとする人は、入国から14日以内に外国人登録をしなければいけません。

以下、2008年9月時点の就労ビザ保持者の場合の情報です。

(家族ビザで入国したときに、一度外国人登録をしていますが、
エージェント任せで、「出頭した」だけだったので、
そのときの必要書類等の情報は、全く覚えていません。悪しからず


申請場所
住居の住所がある地域のFRROまたはFRO
FRRO : Foreigners Regional Registration Officers
     デリー、ムンバイ、コルカタ、チェナイ、アムリトサルの5都市にある。
FRO : Foreigners Registration Officers
     上記5都市以外は、その地域の警察が登録事務を行っているらしい。
     イメージとしてはミニFRRO?

グルガオンのFROは、下記にあります。

Mini Secretariat(建物名), Shanti Nagar, Gurgaon
(正式な住所はウェブで調べても出てこない…)

Sohna RoadからNH8を超え、Railway Roadに進んで、1つめを左折。建物は右手にあります。
部屋は3階(日本式では4階)の312号室。結構混んでます。

受付は10:30~12:00
<09年5月訂正>
受付は10:00~17:00です。
お昼休みは無し、ただし、ランチ時は人手が少なくなるため、作業は遅くなるかも。


必要書類
1.申請書 4
2.パスポートサイズの写真 4
3.パスポートのコピー
4.ビザのコピー
5.外国人登録証のコピー(すでに登録済みのものがあれば)
6.雇用契約書(雇用条件記載のもの)のコピー
7.会社からの保証書(Undertaking) 原本
8.会社からの依頼書(Request Letter;誰々の外国人登録をして下さい) 原本
9.居住を証明するもののコピー

1、現地で入手できます。
 4枚必要ですが、1枚しかくれませんでした。コピーを取れとのこと。
 両面のため、両面コピーが必要なのかな?片面コピー×8枚で試す勇気はありません。
 サインさえ自筆であれば、記入後にコピーでもOKです。
9、賃貸契約書のコピー(私の名前記載なし)+携帯の請求書(名前&住所記載)で対応
入国から14日以内に申請しないと、罰金1400Rsがかかります。
必要書類参照 http://immigrationindia.nic.in/registration_requirements.htm


所要日数
1週間ぐらい?

FRO.jpg
グルガオンのFRO。 外観なんて立派なんでしょう…。

copy.jpg
裏手(道路を渡った所)にコピー屋さんがあります。1枚1ルピーなり。


※誤り・訂正・追加などあれば、コメントいただければ幸いです。

インド 就労ビザ取得

今後インドで就職される方のご参考になれば。

以下、2008年7月時点の、東京申請の場合の情報です。
(現住所が在大阪インド総領事館領事管轄区であれば、大阪での申請が可能です)


申請場所(東京・茗荷谷) インドビザ申請センター ホームページ
http://www.indianvisaatjapan.co.jp/index.jsp


私のビザ履歴は、観光ビザ→家族ビザ→就労ビザでした。
ちなみに、有効な家族ビザを持っていても、家族ビザでは働くのが違法なため、
一度インドを出国して就労ビザの取得が必要です。(在外大使館での申請が必要)

■観光ビザ Tourist Visa
ビザセンターで記入する申請書と写真、パスポートだけで即日取得可能。
私は色々とバタバタしてた時期なので、ビザ申請の代理店にお願いしたけど、
都内居住者なら、自分でやる方が安いし、そんなに手間じゃない。申請料1950円。

■家族ビザまたは配偶者ビザ Family Visa or Spouse Visa
正式名 Entry Visa / ビザ区分 X(エックス)。区分X(その他ビザ)には色々あるみたい。
必要書類 :配偶者のパスポート、取得済み就労ビザ等 (ごめんなさい、詳細忘れました。) 
申請料1950円。

■就労ビザまたは雇用ビザ Employment Visa
※出張などで必要な業務ビザ(商用ビザ)(Business Visa)とは別物です。

必要書類(ビザ申請センターWEBからの抜粋)

1.インドの会社からの招請状
 Invitation letter from company in India
2.日本の所属会社からの保証状
 Recommendation letter from company in Japan
3.英文履歴書
 Curriculum Vitae or personal history
4.インドの会社との雇用契約書(雇用条件記載のもの)のコピー
 Copy of employment terms and conditions
5.インドの会社の登記証明書または新事業開始に対する或いは事業継続に対するインド政府/リザーブ・バンク・オブ・インディア(RBI)からの承認書
 Letter from Reserve Bank of India(RBI) or Certificate of Incorporation(COI) or other document showing the company is registered in India
6.場合によっては、インド政府からの外国協力事業に関する書面
 Government of India Foreign Collaboration(GOI) letter may be necessary in some cases.


1&2はコピー不可です。
私は念のため、会社のロゴの入ったレターヘッドに印刷&サインしてもらい、原本を提出。
(インドの会社から直接ビザセンターにFAXするのもアリみたいですが、ちょっとやりとりが面倒そう・・)
1&2追記。私の場合、日本の会社がなかったので、就職先であるA社に①Invitation Letter と②Undertaking の2種類を用意してもらいました。
内容は、①A社が私を雇うこと、インドで生活できる費用はA社によって払われること(=給料) ②雇用中の行動に責任を持つこと、何か問題を起したときには日本への送還費用を負担すること、FRRO(外国人登録)に登録手続きをすること です。送還費用の負担については頼んでないけど記載してくれました
これで万全!と思っていたら、受付時に、Recommendation Letterが無いとの指摘。日本に会社がないことを説明して、①+②で代用をお願いしたけど、却下・・・。その代わり、『Self Recommendation』を書けとのこと。内容は、
     Self Recommendation
     私、○○は、○月○日からA社で○○として働きます。
     Yours Sincerely,
     ○○
へ?それだけ?その場で渡されたA4の白紙に記入するだけ。走り書きでもOKでした
5は、アンダーラインを引いた、登記証明書(Certificate of Incorporation)が一般的かと思います。会社約款などの書類と冊子になってることもあるかと思いますが、該当箇所の1枚でOKでした。コピー可(というよりコピーしかもらえないと思う)
6はよく知りませんが、一般的には必要ないかと思います。私ももちろん無し。
写真が1枚(45mmx35mm)必要です。お忘れなく。
(ビサセンターの隣にも証明写真のボックスがあります。)

申請費用 
1950円

所要日数 
午前中に申請し、特に問題がない場合は、即日。
観光ビザ、家族ビザなどと同じく、9:00~12:00に申請、当日17:30~18:00に交付です。
12時までに行っても、混んでて申請できなれば、12時にきっかり打ち切られるようです。お早めに。
13:30~16:00に申請すると、翌日17:30から交付。
交付は、17:30~となってますが、17:20頃から交付してました。(インドにしては早めなんて珍しい


※誤り・訂正・追加などあれば、コメントいただければ幸いです。

驚きの金利

先日、インドの銀行を「割とちゃんとしてる」なんて褒めたたえましたが、前言撤回です。

ようやくデビットカードも使えるようになった♪と思ってたら、
不意に、新しいATMカードと小切手帳が入ったスターターセット二人分がまた送られてきた。

誰も頼んどらん!!


手元にあるATMカードも、チェックブックも使えるのに、ですよ。
新しいものが送られてきたということは、おそらく今手元にあるカードは使えないということ。
一体、何が、どうなんってのさ

銀行の担当者にすぐに電話。
担当者も混乱中・・・

部署と部署のやり取りがうまくできてないんですかねぇ。
たまたま起こったミスだと思いたいものです。
はい、めでたく私も暗証番号待ちの身となりました。ふぅ~ やはりインドの銀行なり。

=====
さてさて、ついでに銀行話をば。
インドの銀行の金利、びっくりな高さなのです。

しかも、インフレ抑制政策として(インフレ止まらない・・・)中央銀行が6月末に貸出金利と預金準備率を引き上げたのを受けて、ほとんどの大手銀行がさらに金利を引き上げたところ。

インドステイト銀行(最大手)なんて、7/1から最大0.75%も上げてました。
1年定期で9.5%ですよ・・・アータ。
1億円いれたら1年後には不労所得950万円でしょ・・・  (妄想中)

でも、銀行によって、金利って全然違うもんなんですね。
日本だと金利が金利だけに、金利の大小で銀行選ぶなんてこと考えたこともなかったけど。
ちゃんと選んだらキリがなさそうです。 (ちなみにサボ家は日本にもあるということと、場所の便利さで決定)
ざっと見たとこ、同じ期間で金利が2.5%も違ってたりします。 (普通のこと?)
口座開設面倒だから今の銀行にお世話になりますが。

当面の生活資金だけルピーにしようかと思ってたけど、ちょっと考えようかしらん。 
その前にお勉強・・・

ま、こんな高金利ですが、インフレ率が11%()あたり推移してるので、預金金利引き上げられても、利息の実質収益はまだマイナスのままだそうで。


メモメモ。
RBI :インド準備銀行、Reserve Bank of India
CRR :預金準備率、Cash Reserve Ratio

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ←覗いてくださ~い

銀行初体験

サボ太と一緒に銀行へ。
サボ太、ATM の暗証番号を間違えて、3回目にはカードがATMに引きこまれちゃったんですねぇー。
3回目で引き込まれるって結構厳しい~ (受取者サインリスト、激厚でした。みんなやるのね…苦笑)

いや、そもそも、暗証番号は封筒で届くんですが、何故かサボ太には1通だけ届き、私には数日後に2通目が届いた。別のオフィスから、しかも違う番号。 
怪しいと思ったサボ太は銀行の担当者に、2通目が来てないんだけど、1通目の番号で大丈夫なのかを確認した上でそれを入力したんだけど… 

ったく、当てににならん。

どうやら、1通目の番号は再発行されて無効になっており(理由不明…)、2通目の封筒がサボ太の分だけ届いてないらしい。(いずこへ?!)
で、3通目の発行を待つことに。でもこれは郵送での通知のみ。1週間待ちとなりました。 
ノーモアチョイス。

その他、デビッドカード(口座からの即時決済、インドでは割とメジャーみたい。現金持ち歩かなくていいし超便利。)の使用開始手続きなども済ませ、1時間半。なげえ~。

本人認証とかセキュリティシステム、日本よりしっかりしてるかも。 =時間かかります。
まぁ、対応もとても良く、なかなか安心できるちゃんとした銀行でした。
ちゃんとする所はちゃんとしてるのね、インド。

あ、郵便事情は改善してください。せめて、届けて。

さて、これでルビー建てでお買い物ができるわん♪



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ ←ポチッとお願いします~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。