今日もインドにて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄水器

こんにちは。
先週、11月13日、ハッピーディワリでしたね。
インド人は2週間以上も前から浮き足立ってましたが、サボ家、普段と変わらぬ1日でした。
花火見たけどね。5分外に出て見ただけなのに、喉がイガイガ。
ただでさえ空気悪いのに、火薬の煙で真っ白だしね、外に出る方が無謀でした。


***

水のお話。
大抵の家がそうだと思いますが、キッチンに浄水器がついています。
我が家の生命線。
お料理に使う水も、お茶も、コーヒーも、ご飯を炊くのも、これ。
そもそも「水」はあまり飲まないので、浄水器の水を生で飲むことはほとんど無いけど、
お酒やめんつゆを割ったりするときは、浄水器の水そのまま。
氷も浄水器の水そのまま。
野菜は、水道水で洗ってから、浄水器の水ですすぐ。
お皿は・・・大きい声じゃ言えないけど水道水の水で洗ってそのまま。
(チイサボのものはたまに浄水器ですすぎます)
歯磨きは水道水の水。

食器洗いと、歯磨きについては良くないかな?という認識は多少あったのだけど。
それ以外は浄水器でいいと思ってました。

が、お友達と話してたら、浄水器の水をさらに日本のろ過式の浄水器(ブリタとかクリンスイとか)に通して、使ってるらしいことが判明。
サボ子の賛同者ゼロ(><)
確かに、浄水器のフィルタ交換のとき、目眩するほどドロドロだしね・・・

ということで、急に心配になり、「日本製の」浄水器を購入することに決定したのでした。

で、そんな話をサボ太にしてたら、『数値で浄水度を知りたい』 ときたよ。
闇雲に浄水したって意味がない、と。
(いいじゃん、素直に浄水器通せば。)

仕方なく、水質測定器も同時に購入しましたよん。
どれだけ不純物が含まれているかを10秒ぐらいで測定するやつ。

結果は・・・


水道水 340ppm
浄水器の水 34ppm
さらにクリンスイを通した水 33ppm 
ペットボトル(AQUAFINA) 8ppm
ペットボトル(QUA) 210ppm
ペットボトル(Catch) 158ppm


でした。
日本の水道水は100~150ppmだそうです。

数値が低い=不純物が少ないことを示しますが、ミネラル分も「不純物」に含むので、
数値が高いものが良くないとは一概に言えるものではないらしい。
KINLEYやAQUAFINAは数値が低いけど、同時にミネラルも少ないということ。工場製品。
QUAやCatchは数値の数値が高いのは、ミネラルが多いから。(=ミネラルウォーター)
QUAやCatch、HimalayanがKINLEY等の倍以上の値段がするのはそういう理由なのか。

ただし、水で取れるミネラルは食事で取れることを考えると、一般的に、

000 ~ 049 ppm:理想的な飲料水
050 ~ 150 ppm:許容可能な飲料水
151 ~ 300 ppm:飲料水としては不適切
500 ppm 以上 :米国環境保護局(EPA)の最大総溶解物質濃度

ということになっているらしい。

ふーん。
我が家の浄水器、半年に一度フィルタ交換が必要なんだけど、実はもう8ヶ月半交換してません・・・ それでも50以下の数値を出すということは、意外と優秀なのね。

って感心してる場合じゃないか。
早くフィルタ交換しろって話。

食器は水道水のあと、浄水器の水ですすぐことにしました。(5年目にして今さら・・・)
氷も浄水器の水をさらに日本の浄水器に通すことにしました。
今までサボ家に来てお腹壊した人いたらゴメンナサイ。
もう大丈夫ですので、遊びにきてください

歯磨きは、水道水のままですが、オッケーでしょうかね。
歯磨き、実際、みんなどうしてるんでしょ。
他にも、卵を洗うとか、鶏肉を洗うとか、野菜を洗剤で洗うとか。
ああ、めんどうだこと。

ところで、今回買った水質測定器 3500円、もう出番なさそうなんですけどー?>サボ太殿。

スポンサーサイト

夏祭り

こんにちは。えーーっと、4ヶ月ぶり?唐突に更新してみます

先週の土曜日は日本人会の夏祭りでした♪
サボ子、初参加~!

natsu.jpg

↑ ほ~ら、完全にジャッパーン!
1700人~1800人が参加したとか、しないとか。すごいなー。

古本市が超魅力的という噂を聞き、開始時刻の15:50前にに会場に着くようにしたのに、
ナント、15:50から入れるのは生徒のみ。大人は17:20からだってさ。

ええぇー?!だったら、そう書いてよ!どこにも書いてないじゃん!

って思ったけど、そう思ったのはサボ子だけ?!
日本人学校の関係者以外の初参加者は知りませんってば。
え、あ、いえ、、文句ではなく。。
困った人他にもいるんじゃないかな。できれば来年はお知らせいただければ、と・・・ね。
(こんなすごいイベントを用意していただいた方々を思うと、声も小さくなります・・・
ご準備頂いた方々、本当にありがとうございます。)


ということで、屋台のスタートも17:20からで、古本市も17:20から。
1時間半、どうすりゃいいのー?!
とりあえず、用意された食事席に座ってみるも、
すでに日陰の席は予約済み、日向の席もほぼ満席。
みなさん、早いのね~
かろうじて日向に席を見つけて座ってみるけど、やっぱり暑いし。

サボ子の目線の先には持参したビールを飲んでらっしゃる方々が。。。
し・か・も、エビス (注:日本の皆様へ。インドでは手に入りません。)
まぶしすぎます、その金色。
あ~いいな~。心の底からため息。
きっと夏祭りの達人さん。
日傘も帽子も忘れちゃったサボ子、そんな達人への道は遠いわね。
次回はせめてインドビールでも持参するかな。

16:45~子ども和太鼓、17:05~お神輿巡幸。
スケジュールが5分単位なの、すごいね。
そしてその通りに正確。
こういうところ、日本人だな。染み付いちゃってるもんね。

お神輿の終わりかけに屋台に順番待ち。
この順番もすごいの。
インドじゃ、自然にきれいな列ができることなんて極めて稀だし(というか皆無?)、少しでも前に行きたいのか、抜かされるのが嫌なのか、いつも詰めすぎで密着度高いし、肩越しに気配を感じるのって不快だし、少し気を抜くと横入りされるし、常に臨戦態勢だし・・・
まー、とにかくイライラするんだけれど、そういうの、皆無。
なんて平和なのー。こういうところ、大好き。ストレスフリーだもの。

そして食事ー♪
お友達と分担して、ビール、とんぺい焼き、唐揚げ、串カツ、納豆巻き、じゃがバタ、イカ焼き。
ふふー。食べすぎ、ゴメンナサイね。
お腹いっぱいよ。とんぺい焼き、美味しかったな~♪

(もうひとつ、初心者向けTIPS.
当日もらったプログラムに、『お箸は各自で持参ください』とあり、焦ったのですが、
どの店舗もお箸やスプーンの用意がありました。)

実はこの日、サボ太がインド人のお宅訪問の予定を入れてた。
(え?マジですか?この日に?)
ということで、サボ子、後ろ髪引かれながら、18時半には退散したのでした。。トホ。
古本見たかったなー。花火見たかったなー。盆踊りしたかったなー。>>>>サボ太殿。
夏祭り当日は予定を入れない。これも来年の教訓ですな。

あらゆるところで日本を感じることができる夏祭りでした。
関係者の皆様、ありがとうございました!!

***

そして後半戦、インド人んち。19時半。
はーい、予想通りだけど、前菜ものすごいですよー。
いいよー、サーブしてくれなくても。。。
鶏天、コロッケ、唐揚げ風、野菜のカツ。全部、美味しいけど。
美味しいけどー。

すでにお腹いっぱいなのよねー、サボ子。

結局食べましたけど。

限界まで食べてるのに、メインはカレー5種類。どれも美味しいのね~
でもお腹いっぱいですってばー!!

結局食べましたけど。

そして、最後はご存知の方はご存知、スポンジのシロップ漬けが出てきたのでした。
グラブジャムーンってやつ。
これ、本当に食べれない。甘すぎて。
ただの砂糖水ですやん。というか、砂糖、液体砂糖。脳天を刺激する甘さです。

半分残しました。
サボ太、完食してましたけどね、スゲー。

『中国人は残すのが礼儀だけど、インド人は残さない』という話に相槌を打ち、
『日本人も残さないよ♪』って言った30分後の出来事でした。
ウソついてごめんなさーい。

そんな土曜日でした。チャンチャン。

白馬の王子様

こんにちは。
なんとなく暖かくなりつつありますね。
冬はラム酒で過ごしたサボ家にもそろそろビールの季節がやってきますよん。
どうやらダイエット中らしいサボ太ですが、お相手よろしく

さてさて、短い冬は結婚式のシーズンでもあります。
やたら騒がしい音楽が聞こえるので、音源はどこかと思いましたら、上層階の家でした。
息子が結婚するそうで。
玄関で生鼓笛隊。もちろんドアは開けたまま。
オイオイ!
サボ家、5階以上も下ですけど、大騒音ですから。

しばらくして音源が下に移動したので覗いてみたら、馬がいた~♪

uma.jpg
↑ 馬と、茶色い落し物・・・・・・・・と、新郎。

これから新郎を乗せて、結婚式会場に向かうんだそう。馬でパカパカと。
馬の前には、やっぱりボリューム調整できない鼓笛隊と踊るインド人たち。

見学してたら、近所のおっちゃんが、『一緒に会場行く?』 と。
いーえ。参りません。笑
サボ子、つっかけですし。
そもそも、おっちゃん、招待側でも何でもないじゃん。勝手に誘っていいの?

いや・・・いいんだろなー。インドだし

あけました

あけましておめでとうございます。

昨年末、引越し騒動があったり、日本から友達が泊まりに来たりでバタバタの中、一時帰国。
元日の夜、インドに戻ってきました。

あーーーー日本最高だったな~ (遠い目・・)
もう何度目かの一時帰国なので、日本からインドへの気持ちの切り替えは慣れてるつもり。
なんだかんだ言っても、我が家は落ち着くし。

でも、日本の温かいお風呂とのギャップだけは悲しすぎ。。

インドに戻ってきたその夜、シャワーを浴びてたときのこと。
頭を洗って流し、体を洗い、さあ流そうと思って蛇口をひねると、なんと、そこで断水。

えーーー!! 体中、泡だらけなんですけど、サボ子。
ほんとありえないから!!!そのタイミング。

仕方なく、たまたま流してなかった、チイサボのバケツ風呂(※)の残り湯で体を流しました。
残り湯と言っても、すでに冷たい水だし、石鹸水だし、、、、今日、元日だし!!!

 (※バスタブにためる湯量がないので、バケツにお湯を溜め、お風呂にいれてます。
  日本人の間ではバケツ風呂と呼ばれる、子供限定のスタイル。)


そんな幕開けでスタートしました、インド生活2012。
今年もよろしくお願いします。
今年はもう少し、更新しようと思います。。。。多分。

The Situation has Changed

こんにちは。
週末、インドを抜け出してドバイに行ってきました。
うほほーい!

それはまたの話とするとして、インドに戻ってきて早々、衝撃の展開が待ってました。


オーナーに立退き要求されてから、2週間と1日。
希望の家も決まり、引越し日も決定していたそんな日、再びオーナーがやって来た。
引越しを前に採寸でもしに来たのかと思ってましたら。

きましたよ。引越しキャンセルですってよ!
な、な、な、な、なんですって??


オーナー殿?
たしか、あなたの口が 『 ここに住みたいから、契約は更新しない 』 って言いましたよね?
2週間と1日前に。

その翌日からサボ太は家探し、サボ子は荷造りに勤しんで参りました。
家を探し、家が決まり、契約の話を進め、引越し業者にも依頼し、
あとは契約書サインと、家賃振込みだけという段階にまで粛々と事を進めてきた次第です。

オーナー殿?
そもそも、ここに引越したいという理由は、オーナーの奥様が膝を悪くされて、
医者からエレベーター付きの物件への転居を勧められたからでしたよね?
今の家は戸建てなのでエレベーターが無いから、と。
『シチュエーションが変わった』 ってどういうことですか?


『 良く考えたら、自分(オーナー)は働いているから、昼間は妻が家で1人になってしまう。
今の家は昔からの近所付き合いもあって昼間も誰か彼かが色々と気にかけてくれけど、
それが此処では叶わない。』 

それで?

『だから、妻はアメリカに住むことにした。』 (※ アメリカに娘夫婦、息子夫婦が住んでいる)

はぁ??

『というわけで、自分は仕事があるからインドに残るが、ここに引越す必要がなくなった。
つまり、君たちは来年も此処に住み続けることができる。』

え、え、えぇーーーー!?
良く考えたら、引越しの必要がなくなった 』 ??
いやいやいや・・・初めによく考えてくれー!!

驚き 桃の木 山椒の木 ブリキに狸に洗濯機 キキキのキィーー!ですよ。
さすがに予想外すぎるわ。
『シチューエーションが変わった』 って、単に考えが変わったってことですか?
こっちは当然、色々検討した上での最終決断が立ち退き要求だと思ってたワケ。
はっきりと、『年末には退去してくれ』 って言ったんだから。
もう時は既に引越し予定日の10日前ですよ。
オーナーが来る直前まで箱詰めしてたんですよ、サボ子。
いやーーー、ほんっと、脱力感。


オーナー殿、帰り際にサボ子に一言。

『 このまま此処に住めてHappyでしょ?』  だって。

いや、アンハッピーかハッピーかってことならそりゃハッピーですよ。
だけど、なんだ?このモヤモヤ感。

アンタに言われたない!! っつーことですよ。


ふーーーー、この2週間の無駄骨っぷり、悲しすぎ。
部屋にはこれ ↓ が残ってます。
moving.jpg
気を取り直して荷解きをしなければいけませんが、全く気乗りしません。


そして、やっぱり言ってくれましたよ、サボ太殿。
ダンボールの山を前に 『 まー、ゆっくりやったらええやん。』

ってオイ!サボ子のこと、さっきまで急かしてたの誰だっつーの。

カバリ

もう引越し準備万端です。
あとは家さえ決まれば・・・ネ!
こんにちは、若干先走り気味のサボ子です。
・・・っていうより、サボ太がね、暴走中です。

***

不用品買取の業者さん(カバリってやつ?)を呼んでみました。
サボ太は 『捨ててまえー』 って言ってたけどね。
イマイチ情報がないので、新聞広告にあった数社に連絡し、そのうち1社に来てもらいました。
日本人のお客さんも何人かいたそうです。


壊れたアンプ、バッテリーがほぼないUPS、古いラップトップ、電話機、スーツの上着。
しめて6900ルピーなり。
もちろん、壊れてることも、バッテリーの状態も了解の上でのお値段。
ちなみに一番高かったのはアンプ、3000ルピー。
壊れてなければ5000ルピーだって。
でも2000ルピーの差なら、壊れたまま引き取ってもらってよかった。
買ったお店はもう無いし、カスタマーセンターに電話して、郵送して、とか面倒だしね。。
日本には別のアンプを残してきてるので、いずれ売る予定だったし。

捨ててしまおうかと思ってたものなので、売ったものは全て納得のお値段。
壊れたものの相場なんて分からないし、そんなもんかな、と。
おそらく、カバリのおじさんもハッピーなお値段。

値段聞いて、やっぱり売らなかったものもあるけど。
たとえば、服は二束三文の値段(まとめて500ルピーとか)だったので、キープ。
基本的に捨てられない女なサボ子です。。
今手放さないで、いつ手放す~!  って思ったけど・・・・あとで。

スーツのズボンだけ着つぶして半端になってしまったジャケット、そんなのも買ってくれるのね。
暑いインド、ジャケットはほとんど着る機会がないから、ズボンだけヘタります。
ジャケットって、寄付もできないし(必要ないだろうし)、処分に困ってました。
(ズボンは捨てたのに、それでも捨てられなかったサボ子
これ、思わずサボ子から100ルピーって言ってしまったら、言い値でOK。
あちゃー、500ルピーとか言ってれば、300ルピーとかでもいけたかも?
でも本当に役立たないものなので、1着100ルピーでもハッピー♪

あー、スッキリ。
捨ててまえーって言ったサボ太殿、売却金はサボ子の懐に入りましたので、悪しからず

またですか。

こんにちは。
寝違えたのか、首が回らないこと2日間。
2時間以上しゃべっても気づかないサボ太と、2分もしゃべらないのに、「マダム、首が痛いのか?」と聞いてきた、週に数時間しか顔を合わせないメイドさん。
どちらもすごいと思うサボ子です。

***

もうすぐ12月ですね。
サンクスギビングが終わったので、クリスマスの飾り付けをしました。
まだ半袖だし、蚊取り線香焚いてるけどね。

今年もこのまま平穏無事に終わるかと思っていたら。


なんと、引越しすることになりました。

ええ、引越し先は日本・・・








ではなくグルガオンですが、何か?


もうね、気分はドドーンですよ。
いや、花火のドドーンではなくてね、真っ逆さまに落ちるほうのドドーンね。

先日、オーナーがうちにやって来たわけ。
このオーナー、時々、しょーもないことで訪ねてくるのでね、サボ子、油断してたわけ。
こないだなんて、サボ太が日本出張に行くという話を聞きつけて、
『 日本でステレオセットを買ってきて 』 と言うためだけに来ましたからね。。オイオイ。


ま、そろそろ契約更新の時期だから、翌年も契約よろしく、ぐらいな話かと思ってましたら。
オーナー一家が此処に住みたいんだってさ。
要するに、サボ子たち、有無を言わさず追い出されちゃうわけーー!!
ええ、そう、年末にネ!

奥様の足が悪くて、という納得の理由だし、もちろんオーナーの家ですから、ね。
でもですねー。
ここ最近は年末の一時帰国だけを心待ちにしておりましたのに、その前に引越しですってよ。
オホホホホー 
ってテンションおかしくもなりゃーな。笑うしかにゃーがな。


思い返せば、今年1月に引っ越したばかり。

家探しして、荷造りして、荷解きして、掃除して、片付けて、
諸々修理して、隙間塞いで、諸々の手配&住所変更して。

・・・って書けばね、たったの2行ですけどね、相当面倒なわけですよ、やはり。
インドですしね、ここ。
何度でも書きますけど、日本じゃないですしね、ここ。
家が見つかっても契約まで一筋縄ではいきませんしね。
引越しは土足だから床ドロドロですしね。
いや、床だけじゃないですしね。
新築の場合、入居1ヶ月で一通りのトラブル経験しますしね。
ギザ(給湯器)壊れる、シャワー壊れる、浄水器壊れる、台所水漏れする、排水流れない。
相応の修理も必要ですしね。
隙間防止テープも沢山必要ですしね。
エアテルの手続きとか、まじで、相当イライラしますしね。

それなのに。
1年に2回も引越しですか。
インドで3回目の引越しですか。
そうですか。。
またですか。。


引越宣告から数日経ってようやく放心状態から立ち直り、荷造りを始めた昨日のこと。

サボ太  『 今日物件3件見てきた。 』

って、オイ!
聞いてませんけど?サボ子、見てませんけど?

またしても、勝手に決める気だな、こりゃ。
ありえーねーー!!

あー、これもデジャヴだわ・・・
また、ですか。
勘弁してください。

Cake Mixing Ceremony

こんにちは。
朝夕はめっきり涼しくなりました。
たまに早起きしてヨガをしてます。
冷たい風に吹かれて、身も心もシャッキーンです。

気持ちいいからサボ太も一緒にやろうよーって誘ったら、
『 寝てるほうが気持ちええわ。 』 って即答されました。
んー、妙に納得・・・??

***

ディワリが無事に(?)終わり、次はクリスマス♪
ヒンドゥ教徒が多いのでクリスマスは無関係かと思いきや、
12月には街はちゃっかりクリスマスの雰囲気になります。
ごちゃ混ぜにして楽しむあたり、日本も似てるかも。
時代の流れってやつですかね。

Cake Mixing Ceremony というのに参加してきました。
ホリデーシーズンの始まりを楽しむ"伝統的な"お祝いらしい。
ん?伝統的?インド流のイベント?

用意されたのは、
350キロのナッツ&ドライフルーツ。
5キロのスパイス&フレーバー。
80リットルのお酒。
すげーな。

cake 1

お酒を注ぎーの。
cake 2

混ぜーの。
cake 3

で、出来上がり。
アルコールに弱い人ならこの香りだけで酔っ払いそう。(サボ子的には良い香り♪)
cake 4

しばらく寝かせたあと、行く末は1000キロのクリスマス用のケーキになるそう。 1トンて!
cake 5


でもさ?ビール入りのケーキ?! 
ブランデー、ラム、ワインに混じってビール率も結構高かったけど。
cake b

ホットワインも振舞われ、なかなか楽しゅうございました♪

虫の季節

こんにちは。どうも気まぐれになってしまってスミマセン。
チイサボとサボ子、お互いに風邪を移し合っていた1ヶ月でした。
何故かサボ太は元気満々有難いこったです。
インド生活に最も必要なのは、忍耐でも、サバイバル力でもなく、やはり健康かと。

***

こちらも朝晩は随分と涼しくなりました。
それでもまだ完全に真夏の服装ですが。
1年で2番目に過ごしやすい季節はもうすぐそこ♪
(サボ子的1番は2月末~3月初め。暑くなく、寒くなく、晴れの日が続き、霧がない季節。)

しかーし、その前に、避けては通れぬ虫の季節ですよ。
1週間ほど前から、朝起きるとベランダに無数の羽虫の死骸が。。。
無数すぎて、なかなかベランダに初めの1歩が踏み出せません。
そして室内のカーテン付近も虫だらけ。
マジで、なんなのよ、この密閉性の低さ。
毎日、隙間のありそうなところを補強しては、翌朝、撃沈しております。
そんなくだらん戦いに負け続けてるうちに、あっという間に虫の季節は過ぎ去るんですけどね。
しばらくは窓際&ベランダ掃除が朝イチの仕事になりそう

***

お友達の旦那さまが、朝6時半に起きてベランダを掃除しているという話を聞き、
少しは手伝ってくれるかと期待してサボ太にその話をしたら、

『サボ子も見習えば??』

って言われました・・・。

・・・え?サボ子?

ねぇ、サボ太?
見習うのはサボ子じゃないでしょう?!


全てが期待はずれに終わってしまう、そんなサボ子の日常は今日も健在です。ご安心を。
インド生活に必要なもの・・・良き伴侶も必要ですね。。

Let's ババ札ゲーム

久々更新です。
すこーしばかり日本に帰ってました。ひゃっほーい!

しかし、インドに戻ってきたら。。
洗濯物はずっと干しっぱなし、冷凍庫ではそばつゆがこぼれたまま凍ってる。
サーボー太ー!せめて、冷凍庫にそばつゆこぼしたら拭いて!
あふーーー。これが現実。

友人が1週間の留守中に旦那さんから受け取ったというメールを思い出しました。

 『洗濯物がたまってるけどどうしたらいい?』

・・・・洗え。

あ、、うちだけじゃないかも。


***


インドでは破れたお札は使えません。→おつりに潜むババ(過去記事)

しかしサボ子、ちょっと油断してたため、ババを引いてしまいました。↓
100rs.jpg

え?分からない?

じゃー裏返しましょう。。









100rs-.jpg


あら、ま。

大胆不敵!
完全に掴まされたわ、サボ子。
しかし、こんな分かりやすいババを受け取ってしまうなんて。
くーーーっ!
いつどこで受け取ったが分かりません。
・・・マクド?!

さー、ババを回すわよ!
透明なテープを貼ってくれてたらもう少しハードルが低かったんですけど。
同胞のみなさま、廻りまわって受け取ってしまったらソーリーです。m(_)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。